TDM900

2009年5月16日 (土)

準備完了?

来週はお泊りツーリング。
年に1度のお楽しみ行事。
今年もその時期がやってまいりました。

一泊や二泊程度の荷物ならツーリングバッグ一つで十分事足りるが問題はお土産。
ヨメと娘が私の帰りよりお土産の帰りを楽しみに待っている。
「お土産ないね~ん」なんて笑顔で言おうモンなら家の敷居はまたげないであろう

去年もしたがお土産対策がこれ

F1000060_2
お泊り用ツーリングバッグの後ろにホームセンター仕様の激安BOX装着!

TDMにこんなパチモンBOX着けているヤツなんてまだ見たことない。
先日のTDMのオフ会でも装着されていたBOXは良いものばかり。

けどこの箱を装着したのは去年の5月に行った伊豆ツーリング以来。
年に1回のペースで使う箱に何万円もかけれるわけないし。
普段は着けておきたくないしね

まあこれでお土産の心配であるのは資金のみ




おまけ




箱嫌いな私でもこいつは別ですわ
F1000058
もっと激ダサ箱仕様&マフラー変っているわけのわからん車齢10年のヴェクスター君。

| コメント (12) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

出動!

F1000012


明日、今シーズン初のツーです。
出動準備完了です。

見た目より機能重視の装備をしました。

F1000010

要するに寒さ対策です
通勤用ベクスターからハンドルカバーとグリップヒーターを移植しました。
なぜ防寒対策かというと行き先が滋賀北部。
平たく言えば雪国です。
同じ近畿地方でも気候は別物・・・


のんびり行ってきます

| コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月13日 (土)

久々にイジリ三昧

まだまだ暑いながらも動きやすい気候になってきました。
秋のシーズンに向け久々にバイクイジリを。

まずはコチラ

Sany0002
TDMの定番商品センタースタンドです♪

詳しくは本家のサイトにUPしているのでコチラからご覧あれ。

Sany0017_2
直立状態。見慣れていないのでなんだか不気味

これで午前の部は終了









しばしヨメにこき使われ・・・









やっと解放♪

さあお次は・・・
Sany0018_2
おっと、いきなりタイヤが無いぞ

そうです。タイヤ交換です。タイヤは少し前から届いていたのですがセンタースタンドの納品待ちでした。

そしていつもの隙間に・・・

Sany0020
毎度のショットです♪

だが今回はこれでビードが落ちない。以前にバイク仲間であるhideさんがこの技で落ちなかったと言っていましたがまさにそのとおりで今回はこれで落ちません。

だがあきらめるのはまだ早い。少しできた隙間にCRCを差しジャッキで押しながらタイヤレバーで隙間を少しづつ広げ最後はトンカチとタイヤレバーでカ~ンと一発するとミシミシっとビードが落ちてくれました。

Sany0021
取り外しの巻

レバー3本で一番右は差し込むだけで起こさず置いておき後の2本で交互に起こしていき最後に一番右のレバーでフィニッシュするとあらま簡単に外れましたよ♪

取付もレバーの使い方は基本的に同じ。今回はなんと最後にビードを入れたときにリムガードがタイヤの中に落ちてしまうというトラブル発生。今日はこのトラブルが一番力を使い苦労しました。

そしてビード出し。久々の出番だ!エアコンプレッサー
エアを入れども入れどもなかなか出てこない。
ん?と思い圧を計ってみるとすでに3kg/cm
ビードワックスが少なかったかな?と思っていた矢先に






パンッ!




びっくりしました

ただうちの10Lタンクのコンプレッサーじゃ160サイズが限界の様。180サイズは厳しいでしょうね。

Sany0023_2
銘柄はBSのBT-021。いつも中古タイヤばかりだったが今回は5年ぶり?位の新品。贅沢だ~


そしておまけにイジリがこいつ

Sany0024

回りにまわって我が手元にきたデジタルメーター。ベクスターにつけてみました。
遂に通勤号にもタコメーター装着。けど一番うれしいのはトリップメーターが付いた事。それも2つも!
燃費フェチなおいらにとってトリップは非常に素敵な機能。
これでベクスター号の燃費もビシビシ計ってやる


本日の労働工賃
しめて1万位かな?




アタタタタタ~・・・ホワァッタ~
     ↓
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

TDM900で1年経ちました。

GSX-R1100Wから今のTDM900に乗り換えて早1年が経ちました。
この1年で走った距離は約8000Km。
週末ツアラーとしては自分では良く乗った方かと思います。

東は伊豆、西は四国、県内のツーがメインですがいろんなところに行きました。

自分の中での整理の為1年間を振り返ると・・・


Sany0008
納車の帰り道。バイク屋が愛知だったので帰り道が高速道路ツー。ココは養老SAにて。


Sany0071
初ツーがR1100W四国うどんオフ。コチラは大歩危にて。

Nec_0004
余部鉄橋
Sany0033
鳥取県岩美。余部鉄橋の近くでヨメの実家の近く。ガソリン代高騰のためお父ちゃんはバイクで帰省。


Sany0007
神鍋高原。Bandit1200と雰囲気が意外と似てる?
Sany0003
我らツー軍団のホームコースR29。近場ツーには欠かせないところです。


Sany0021
昨年秋の三重でのオフ会


Nec_0041
本栖湖
Sany0060
伊豆半島。先日のオフ会ですね!


いろいろと走ったが1年乗るとTDM900という乗り物も大分分かった。
やっぱりコレ位乗らないと長所短所は分からないモノ。初期のイメージと変わった事も多々。もちろんいじって克服したところもあるがそれを含めてちょっとインプレッションを・・・


Oなところ
・ とにかくオールマイティー、のんびり景色を見ながら走りのも良し、楽しくクネクネを走るのもよし、高速道路の巡航も良し。ツーリングでの使い勝手は私の使い方では満点かな?

・ もてあまさない程度にあるパワー。公道を走るにあたりたった86PSでも文句なし。基本的にはフラットなパワーだが5000rpm位からはカムに乗るような加速をしてくれるのでその辺を使うと十分に早い。高速でもふわわまではスッと出るのでハイスピードでも十分対応できる。

・ 思ったよりもコーナーリングマシンで巷でたくさん見かけるネイキッド軍団とは別物でどちらかといえば尖っていない公道使用SSと言う感じ。へたれな私でもスイスイ走れるのでお上手な人が乗れば無敵に早いのではないかと思うほど。ヤマハ曰く「マウンテンロード最速」に偽りは無いと思う。

・強烈な高燃費。高速道路を110~120Km/hで流したときにでるのが28Km/L。900ccでこの燃費は脅威的。もう少しペースをあげたり下道ツーになると少し落ちるがそれでも22Km~25Km/L。確実に満タンで400Kmは走れる。

・ FIも慣れるとなかなかもモノでパワコマで補正が前提になるがレスポンスも良く、Eg始動時はセルを押すだけ。1ヶ月かけなくてもセルだけで一発始動。チョークなんて無いしね!

・ラクチンポジションは言うまでもなく

・カウルの効果も大変良く高速道路を含め常識範囲のペースなら頭をちょっとだけ下げてやると風が直接当たらない。長距離の高速移動には大変ありがたいです。

Xなところ
イジリやカスタムでは直せない根本的な所でまずは低速が使えない。
コレはレスポンス重視のスポーツタイプツインでは仕方が無いので短所とはいえないかも知れないが4気等と比べるとどうしても目立つポイント。特に2000rpm以下はいつエンストしてもおかしくないのでその回転域になると半クラでカバーしてやら無いとダメ。
特につらいのが渋滞。のろのろと走られてもアイドリングで走れないのでずっとクラッチを握って放しての繰り返し。握力養成マシンに早代わりですね!

・ 高速道路巡航中に4気等車のような細かい振動がありアクセルを握っている右手がしびれる。これはスロッロルアシストでクリア出来たがナントカなるならナントカしてみたいところでもある。

短所は少なく長所の多いバイクでかわいげが無いという見方もあるがFJR等本格的ツアラーやCB等ネイキッドになると身のこなしが重くなるしSSだと峠以外が苦になってしまう。といってハヤブサ等メガツアラーも私から見ると少しだけ楽チンなSSという感じが拭い切れない。TDMはSSの軽さとツアラーの楽チンさとがいい具合に混ざり合って絶妙な性能を出している。さすがツーリングの本場ヨーロッパでは人気車になっているだけはある。


最後に

このバイクには凄みというかオーラが全く無い・・・。なのであまり誰にも興味を持ってもらえない。出先でもスゲェ~と見られることも無い。


簡単に言えば・・・中途半端な地味なバイク


応援ヨロシク!
  ↓
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ


| コメント (12) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

リヤボックス

まずはポチッとしてから読もう!
   ↓
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

来週に遠出を控え思案していたのがバッグ。
一泊程度の荷物ならリヤシートに取り付けるバッグで無問題。
いつも困るのがお土産。勤務先にはもちろんお土産を一番楽しみに待っているのが我が家のヨメとムスメ。
いつもは小さなモノにしているがそれでもカバンの中はフル満タン。

会社の同僚にサイドバッグを借りて装着してみたが使うなら買い取ってくれという事。
確かに良いが思ったよりがっちりと着かない。そりゃ横にぶら下げるだけだしな~。
普通のボストンバッグを横にかける工夫をしたが中古のサイドバッグを買うくらいならこれでいいかな~とカバン問題は終わったように思っていたが本日ふと思いつき早速行動!

これです。

Nec_0023

おいらはこの技は一生しないと思っていたが何より安い!
ホームセンターで¥3980でありバッグより確実に取り付けられるしTDM号にはもともとリヤキャリアが着いてあるので取付は簡単♪
ただおいらはこの箱付きのビジュアルがあまり好きではない。
さらに安物スクーター用ときたものですからとにかくダサイ

Nec_0025
今スクーターについているダサダサBOXでも良いかと思ったがあまりにも・・・なので新調しました。


Nec_0026
一応あがきで色だけでも合わせてみました

今回は実用性に負けて取り付け。それで普段は取り外しておきます。

まあ車のルーフBOXみたいな感覚で使うことにしようと思います。


これでお土産対策はかな?

| コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

一段落かな?

取り付けようと思いつつずっと忘れていたのがコレ

Nec_0041
スズキのチョイノリ純正OPのヘルメットホルダー

取付はいたって簡単
Nec_0043

こちらに詳しくUPしてますのでポチッと!


FIチューンにシート加工等乗り出してイマイチな所をいじってきたがこのメットホルダー取付でもう思い当たるイジリはでてこない。
このTDMはラジポンをつけようとかキャリパーをブレンボに!っていうカスタム魂に火がつかない。まあつけようと思っても先立つものも・・・
TDMのカスタムに関しては一段落です


これからはイジルだけの財力があれば素直に乗る方にまわします。


ポチッといってみよう!
   ↓
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

| コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

TDMのメカニズム?

ポカポカ陽気に誘われTDMをプチ解剖


Nec_0007
まずはカウル、シートを外しタンクを浮かす。


点検項目其の①
エアエレメント点検
Nec_0013
特に問題なし。

早速出番のアエコンプレッサー。エアブローでキレイキレイ♪


ついでにエアボックス廻りをジロジロと

Nec_0008
真ん中のダイヤフラムは?

Nec_0010
正解は可変吸気ダクト。TDM号はこんなイカしたデバイスが付いている。

さてその構造は?
Nec_0012
低回転時はダイヤフラムに負圧がかかりこの様に閉じていると思われる。


Nec_0011
高回転時は全開に

TDMはいわばFIの初期モデル。
多分開発時はドンツキとの戦いだったのではと思われるのでおそらく吸気を絞ることによりドンツキを低減したのではないかと思う。それでもノーマルではドンツキが結構ある。コレを殺せばいったいどうなるのでしょう?


Nec_0015

エアクリボックス内部です。真鍮の部品が見えるがおそらく吸気温センサーかと思う。さすがFI車、車並ですね!


そしてびっくりなのがこいつ
Nec_0018
真ん中に写っている円柱の部品、右側より冷却水が入っています。
おそらくサーモワックスタイプのオートチョークのようで左側がアクセルとつながっています。
電子制御と思っていたのに機械式?まあ制御には全く問題無しなのでいいですがビックリです。


Nec_0016
FI廻りです。キャブと比べるとすっきりしてますね!


Nec_0017
シリンダヘッドがほとんど見えないくらいゴチャゴチャしてます。
プラグを替えるのに上からの作業は無理っぽいです。
ラジエターを外すとおそらく一番やりやすいでしょうね!。
他のTDMユーザーはラジエターをずらして作業するようです。
一筋縄ではいかないプラグ脱着のようですね!


あとはチェーンの給油とタイヤ空気圧調整で本日終了

出動準備整いました!

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

Fタイヤ交換

本日はTDMのFタイヤ交換♪

まずは準備するもの

1・タイヤ・・・ヤフオクで格安にGET!、こんな選び方でいいのかな?
2・タイヤレバー
3・リムプロテクター
4・ビートワックス
5・車のパンタジャッキ

やる気・・・これは重要で(^_^;)

そして作業に入るがいきなりこんなのを見つけてしまった!
それが・・・
Nec_0017
アクスルがヘキサゴン?おまけにデカイ\(◎o◎)/!

ノギスで計ると19mm、こんなでかいのしらね~ぞといきなり挫折(ToT)

おもむろにバイクを見つめているとまるで一休さんのようにひらめいた!
うちの車は軽四、軽四のホイールナットは19mm

ということで
Nec_0010
こんな風にしてココにメガネをかけ緩めるとあっさりクリヤ!

緩めたところで車体のリフトUP作業に
今まではフレームにダウンチューブがあるタイプに乗っていたのでフレームにジャッキを掛けあげていたがTDMはダウンチューブがないので考えた挙句このようにしてあげることに
Nec_0012

ボルトの頭にかけているので歪みもなく簡単に前を浮かすことに成功、そしてタイヤを外す。
Nec_0013
見た目以上にしっかりとしてるんですよ!

そしてタイヤのエアを抜きビードを落す作業に。
ここでおいらはパンタジャッキを使いこんな風にしてます。
Nec_0014

狭い隙間と丈夫な壁があればかなり簡単にビードが落ちます。

そしてココからは手が汚れた為写真がありませんが(^^ゞ
タイヤ外すータイヤ着ける。書けば簡単なこと。この作業は力も少々で後はコツ。
そして近所のGSで空気を入れ完成♪

Nec_0015
おっといきなり完成だ(^^♪

ちなみに今回のタイヤは
Nec_0016
BSのBT-028・・・調べたが全くわからない。何かの純正かな?

触った感じはリヤに履いているピレリのディアブロと硬さは似ているが触ったくらいでわかれば苦労はしない!

まあ走った感じはFタイヤが丸くなったな~というくらい
次のツーリングで皮むきしながら味わってみましょう!

走行距離21000Km


タイヤくらい新品買って店で替えろ!と思った人は↓をクリックしましょう♪
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

| コメント (10) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

TDM900初のオイル交換

我が手元にやってきて3000Km走ったのでこのバイク初のオイル交換です。


今回はこいつを初めて入れてみます。
Nec_0025
Castrol Magnatec 部分合成油 4L¥2980也

驚異のエンジン保護性能だって!
これが驚異ならこれ以上いらんっちゅ~ねん(^^)


わがTDM900
実はドライサンプなのでオイルタンクが別についている。
そのオイルタンクはシリンダーの後ろにある。
なのでオイルフィラーもこんな場所に
Nec_0020
フィラーキャップにレベルゲージ付なのだ

それともう一つの特徴がオイルドレンが2箇所ある。

まずは一つ目車体右側より作業
Nec_0017
おいらの血もこれくらい黒いかも(^_^;)


二つ目は車体左側より作業
Nec_0018
一箇所にまとめてくれよ~ヤマハさん

そしてオイルを入れますが
Nec_0023
入れ口が小さい(^_^;)

たまたま2Lサイズのジョッキを持っていたのでジョッキの入れ口径と注油口のサイズが合ったので良かったが大きいジョッキなら入れにくそうだな・・・

4L入れてレベルゲージで確認
アッパーラインを振り切っている・・・。
そりゃードライサンプだもんね!

エンジンを掛けアイドリングで30秒ほど回した後に再び確認
Nec_0021
見やすいようにアッパー、ロア、オイルの量を赤で書きましたがこんなくらいです。

アッパーラインに合わせるともうちょっとオイルが要りそうですがこれで十分でしょう!

ドレンボルトは二つありますがアクセスしやすい場所にあり作業のしやすさではやりやすい部類に入るのではないかと思います。


走行距離20125Km

次回交換は25000Kmくらいの予定です。


↓お手数ですがクリックをお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

| コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月16日 (木)

TDM900を乗ってみて2ヶ月

我が手元にTDMが来て早2ヶ月
距離もおいらなりによく走り3000Kmも走った。

ツーリングで想定されるいろいろなステージも一通り走ったと思う。
ここら辺で一度このTDMについて語ります。


まずは最初から改良せずに良かった点

・楽チンポジション
・好燃費
・ツインらしいトルクフルなEG
・スポーツ車と言い切れるステージを選ばない良いハンドリング
・車体が軽量
・航続距離が長い(最低でも400Kmは行く)
・飛ばすのもOK!ゆっくり流すのもOK!


改良して良くなった点
DynoJet POWER COMMANDER Ⅲを取付てドンツキを解消。

・高速道路で右手が微振動でしびれる。自家製バーエンド激安スロットルアシストで対策。特にスロットルアシストは使ってみるとスゲェ~楽チン。普段はいらないが高速道路の巡航時には手放せんぞ!

・高速道路でカウル効果のUPを求めてロングスクリーン取付

・マフラーが爆音だったので自家製バッフル取付

・前オーナーがシートをしょぼいあんこ抜きしていた為にシートに難ありだったのでシート改良で対処


現地点ではおいらが感じる弱点はつぶせたと思う。
先日行ったツーリングでは何も不満はなし。
ツーリングバイクとしてはほぼ完璧に思える状態。
スポーツ走行良し、流して良し、高速道路飛ばして良しのマルチプレーヤー。
どこでも8割じゃなく9割くらいの高性能。

乗ってみてわかりましたがTDMってすごいバイクです。

ポチッとおねがい
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧