自転車

2011年10月17日 (月)

<ヤヤコシ小径団> グルリと神戸一周

神戸の外回り的なサイクリングです。

まずは明石集合

ですが家から西向いて走りますがとにかく向かい風
いつもは40分前後で明石に行けるのですがこの日は50分オーバーでした。


そして明石でアピ氏タイレル号と合流後ドッペルフクチャンを迎えに


そして合流後


002


いきなり休憩で(笑)

まあワタシがもよおしたのでね(^^ゞ

止まればダベリが始まるこの3人です。

ココからはわき道はポタポタ
幹線道路は快走ペースで木見を越えて坂本を通り呑吐ダムへ!

呑吐ダムのサイクリングロードを


004


ポタリングの真骨頂
たぶんジョギングしている人の方が速いと思います(笑)


007


009


呑吐ダムの堰堤で少々ダベリングをします。

そして走り出して県道38号に出てからはか~~るい上り坂
ココでアピ氏が


「もう豊助饅頭いつでも食べれるで」
「豊助饅頭見えてるんとちゃうん?」
「あの建物豊助饅頭やで」


・・・と

とにかく「豊助饅頭」しか頭にないらしい。

もし寄らなかったらどうなっていたことか・・・


そんなこんなで


014


豊助饅頭に到着

アピ氏は満面の笑み


010


我々ヤヤコには全くと言っていいほど似合わない落ち着いた雰囲気の店内で

011


飲んで


012


食って


豊助饅頭を満喫しておりました。


たしかにココのはおいしいですね!

今回はわらび餅が絶品でした。


ここでもかな~~りダベリング

今日は電車の時間もないし時間に縛られてないのでゆっくり出来ます。


そして出発

015


同じく県道38号を北神戸に向かって進んで行きますが上り基調の道。
のどかな景色ですが頑張ればスグに脚に来ます。
ゆっくり走りたいのですが後ろから


016


こんなコワ~~イ「ドッペル怪のフクちゃん」が追いかけてくるのです。
その後には「ボクいつでもうどん食べれるで!」といってそうなタイレルアピ氏も居るし・・・(>_<)

そんなこんなで信号で止まること数回で西宮北IC近くの「いわしや」に到着


020


店の前には

018


こんな看板が


ってのは冗談で


019

ちゃんと営業中です

さっきのはこの看板の裏でした(笑)


で今回はひやかけをオーダー

017


この店

本場さぬきうどんと遜色無いいりこ出汁の味の店
ワタシは神戸近辺ではNo.1と思っています。

サクッと食べてサクッと店を出るのがうどん屋のマナーってもの

サッサと席を立ち店の外に出ると


023


関西讃岐うどん巡礼のポスターが


それにやたらと喰い付く

024


ヤヤコシ小径団の初老の二人
字がよく見えないようですね

関西さぬきうどん巡礼サイでも行って見ますか!


そんなこんなで出発

R176に出ますが道沿いに川がありその対岸の道を走って行きますが

アスファルトの道が

027


ダートに変わり・・・・


挙句に

028


田んぼの中を走ります。


この何でも来やがれルートがヤヤコシ小径団の真骨頂
縛りの無い自由なサイクリングを展開しております。

この田んぼの後の道が大当たりで


029


車なんて全く居ない道を走り放題


そんな道で


030


自称「スマシている」ドッペルフクチャンと


031


次は何食べようかな?と思案中のタイレルアピ氏


032


033


道場近辺を快走していきます。

043


これまたほとんど車の居ない武庫川沿いをのんびり走り川下川ダム方面へ!


045


武田尾の少し上流の辺りですがこの辺りは人気無しのところで走り放題


ですが


いきなりこんな山の中で


046


新名神の工事をしています。

ホントにこんな道って要るのかな?
宝塚の渋滞を緩和する為には要るのでしょうかね?


川下川ダム沿いも車がほとんど居ないので


048


047


こんな感じの走り放題

駄弁りながらのポタは楽しいですね~~


ヤヤコシ団の団長が居たらこんなこと出来ないですよ!


「おら~~回せ回せ~~」
「坂道はガシガシいくとこじゃい~~~」


クワバラクワバラ・・・・


この後は切畑に出て幹線道路なので快走ペースで走ります。

上りで1台疲れているロードを折畳み小径3台で抜いて(笑)

十万峠のダウンヒル
4~5キロはありますよ!
いつの間にこんなに上がってたのでしょうね?


050

結構なスピードでの命がけの撮影だぜ


下りきるとそこは

056


タカラジェンヌの街ですね~~


ココからは市街地なのでポタポタ


酒屋で補給食買って


057


058


補給食片手に武庫川河川敷をいきます。


そして座れる場所を見つけて


059


おつかれさ~~~~ん


でもこのときはまだPM3:00

意外と真面目に走ったのでこんな時間にゴールしてしまったので


本腰いれて駄弁ります(笑)

そして日も傾いてきたので重い腰が上がり移動開始


タイレルアピ氏曰く
「今のおつまみタイムは本気出すとことちゃうし~~」とブツブツ言いながら2号線に出て30オーバーでいきなり引っ張り出します。
ワタシとフクチャンはヒィヒィいいながらアピ氏に着いて行くと・・・・

062


かんぱ~~い


065


餃子に唐揚、もやし炒め


王将ですね!


腹へってたのでウマい


ここで本気の


おつかれさ~~ん会です。

後はフクチャンとポタポタと神戸に帰りましたとさ


069


オマケ


HAT神戸にて


距離133Km
AV.20Km/h

意外とアベが良いのにビックリ


| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

阿蘇弾丸ツーリング(自転車編)


またまた阿蘇です。

今度は自転車でいきました。

湯平駅スタートで阿蘇駅までやまなみハイウェイコース。

今まで車やバイクで走ったことのある道ですが自転車で走ると見えてなかった景色がいっぱい見えます。
止まって見たかった景色も自転車ならスグ止まって見れます。
横の景色や橋の下の景色も簡単に見れます。
走れる距離が少ない分見える内容は密になりますね!

この日はなぜか脚が絶不調。
力が入りません。
軽く回してたら調子が上がるだろうと思っていたら回るどころか攣りだして力が入れれません。
なのでよねさん、アピさん、ボーちゃんの健脚3人衆には全く付いて行けません。
無理してもダメなので開き直ってのんびり行くことに。
無理なものは無理ですからね!

標高1300mの牧ノ戸峠でもの~~んびり上がったので走行不能にならずにクリア。
ダメなときはダメなりの走りが出来るようになってきました。
自転車のスキルもかなり上がってきたなと実感。

昼食で疲労回復に良いとされている「梅干し」を2,3個食べると脚の攣りは無くなりトルクが掛けれる様になり昼食後は皆さんに遅れを取る事なくなんとか走れました。

それにしても飯田高原~長者原~牧ノ戸峠~阿蘇外輪山と絶景続きの道にみんな大満足。
なかなかこの広大な景色は他にはないですからね!

アピさんご要望の「天空の道」に行けなかったのが心残り。

それ以外はほぼ完璧のサイクリング旅行でした。

バイクはバイク
自転車は自転車

それぞれの楽しみがあると今回は痛感。


乗鞍に続き目標の一つだったやまなみハイウェイを走れて大満足でした。

410


411


またまた「さんふらわあ」です。
今回は車バイク無しの一般扱い
自転車は手荷物なので歩いて船に乗船です。


乗船後はさんふらわあ定番のバイキングでディナータイム
船旅を満喫

ビア呑んで
風呂は行って


そして明朝


423


424


西大分港到着

ワクワク感あふれます。


425


下船後サッサと自転車組んで走ります。

2キロほど走れば

411_2


大分駅

ココから輪行
せっかく出した自転車をまたまたパッキングです。


429


待つことしばし「特急ゆふ」に乗ります。


431


外見ボロくても中は特急そのもの

旅行気分が高まります。

でいつものダベリングタイム

話が盛り上がっていると目的の「湯平駅」の放送が。

慌てて準備しますが自転車が何かに引っかかってシート裏から出てこない
列車は完全に止まってかなり焦りましたがよねさんがチョット待ってコールしててくれてたようでなんとか下車できました。こんな下り損ないそうになったのは初めてでかな~~~り焦りましたわ


434


下車すればもう余裕!特急ゆふのお見送りデス。


436


味のある駅ですね!
特急停車駅なのになんと無人駅。
なんで特急がこんな所に止まるかは不思議ですな!


ココからが本走行です。

438


さて出発!


ですがここから10Km程坂道ですがいきなり脚が売り切れ大苦戦。

息も絶え絶えで


440


やまなみハイウェイの合流点に到着


ココからは牧ノ戸峠まで大きな上りはなしです。


見覚えのある道を走りながら飯田高原に出ます。
ここで景色が広がり皆さんからウォ~~って声が出てます。

442


ここでみなさんコーラ飲みてぇ~~というので小休止

ココからがやまなみハイウェイの本番ですね!


446


452


456


長者原です。

見た目は平らな道ですが全くスピード出ません。
まあ景色がいいのでそんなことはあまり気にならないのですけどね!

458


長者原で本休憩です。
キリンフリーで喉を潤して牧ノ戸峠に備えます。

ここからこの日最高標高地点へ向かい走りますが


とにかく脚が攣りそう
ってか少しでも無理すれば攣る

なので一番軽いギヤでゆっくり回してのんびり行きます。


464


昔新婚旅行でこの場所で嫁さんと撮りました。
まさか自転車で来るとは・・・デス


クルクル軽く回してると


471


牧ノ戸峠に到着

みんな笑顔で待ってくれてます。
みんな待ってくれてありがとね!
いい仲間たちです

この峠は眺望は良くないので少し先へ進みます。


474

この日はかすみが強くて遠くが見えなかったですがそれでも広大な景色が眼下に広がりみんなからも笑顔がこぼれます。

ちなみに

058


先月来た時はこんなんです。

お次はこの景色が見れるようにお祈りしましょう!


ここから爽快ダウンヒル

アッ!と言う間に下って


480


ちょうどお昼時

なのでランチタイム

全開のバイクで来たときもココで休憩してソフト食べましたね!


ここでたかな飯だご汁定食を


476

適当に入った店でしたが大当たり!
味もボリュームも言うことなしです。

ここで梅干しいっぱい食べて補給も完了!


ここから阿蘇外輪山に向けて草原を走ります


486


487


491


496


497


500


やまなみハイウェイからミルクロードに入って快走中です。

この辺りから脚が回るようになってきてトルクを掛けても脚が攣らなくなってきたのでやっとみんなとあh知ることが出来ます。


で大観峰に到着です。


502


506


あいかわらずのパノラマ風景が広がってます。
いつ来ても広大な景色ですね!

ここで時間的コースのショートカットが決定。
余裕を見て駅に行かないとダメですからね!

しばし景色を楽しんでから出発

513


こんな雄大なミルクロードの景色ですがワタシの真後ろは


512


こんな暑苦しい魔界が迫って来てます

あとは外輪山の豪快ダウンヒルを走り阿蘇の村をのんびり走って


517


阿蘇駅に無事到着


524

九州横断特急で大分へ!


529

Dsc05177


飲みながら


2011_10090153


こんな素敵な乗務員さんに写真を撮ってもらったりして


楽しく談笑してたら大分到着!

ココではすんなり降りましたよ


あとはサクッと走ってフェリーへ!

Dsc05194


お疲れさん会して



明朝


544

六アイに到着

モーニング行ってから解散でした!


みなさん


お疲れ様でした


最後に


中央市場近くで


546


コケてたわ

| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

<年輪銀輪団>  三田~若田亭~猪名川

さんふらわあで大分から帰ってきた朝

バイクで帰着後大慌てで準備&出発


バイカーは終了
チャリダーに変身です

この日は年輪銀輪団

9時半に三田集合なのですがとてもじゃないけど間に合いませんでした


ちなみにこの日はワタシのディープ「WH-RS80-C50」をボーちゃんのVIVALOへレンタル


191


怪しげなオーラが出ています。
あえての色外し感があり妙な迫力があります
こんなの乗って遅いわけねぇ~~じゃんというオーラがビシバシです

こんな速そうなボーちゃんとなら銀輪団のゆっくりペースにはすぐに追いつけるのですが今回は久しぶりにこんなお荷物・・・・

193


久しぶりの愛弟子登場
今年度初です。
本人曰く「ブレーキはちゃんとかけれましたよ」と言う事

遅々としたペースでスタートでしたが皆さんがゆっくり走ってくれたのとのんびり休憩してくれていたおかげでなんとか本隊に追いつきました。


197


若田亭へ行った時の銀輪団名物の駐輪風景
なかなかイカしてるとおもいませんか?

昼食後は知らない道を連発してくれました

200


こんな車の来ない川沿いの道を走り


198


前を走る30代前半女性と後ろを走る素敵な60代女性
後姿で見れば後ろの方の方が若く見えますね!

素敵な先輩方がたくさんいらっしゃいます。

そんな快走中に


205


S井氏のホイールがトラブル
スポークが一本飛んだ模様。

スポーク数が少ないタイプなので一気に振れが出て走行不能に。

ワタシのKHSのQ2QUASERもそうでしたがスポーク数の少ないのはこんな時に弱いですね!
ツーリングには30本位のスポークがいいなと思わせる瞬間でした。


そして今回の目玉

ワタシのディープホイールを貸しているボーちゃん

203


コミカルな雰囲気の中にめっちゃ速そうなオーラが・・・
ホイール一つでここまで雰囲気が変わるとは
走りの感を含めホイールの存在は大きいですね~~


206


確信犯的な色のミスマッチが余計に迫力を増しているような・・・・
後ろの彼岸花がミスマッチに追い討ちをかけてますね~~


そんなナンセンスな画像より


207


209


秋の訪れを感じさせる花がアチコチに咲いていました。
これから秋本番

いろんな所に行きたいですね~~

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

乗鞍サイクリング

20110923_14


自転車を始めてからの目標の一つであった

「乗鞍」

に行ってきました。

昔にバイクで行ったことはありましたが自転車の方が満喫度は
大自然の絶景の中の空中散歩感覚
でもそれなりに脚力はいるワケでもありますが・・・

周りは一所懸命に上がっている方が多い中
片手にカメラを持ちながらヘラヘラ上がったので体力的には余裕
走行時間は2時間
所要時間は2時間15分

かなりユトリを持って上がったので景色もバッチリ堪能出来ました。

昔はこんな所に自転車で来るのは変態だ!と思っていたワタシが遊びながら上がれるようになっていたのもビックリでしたね

20110923_21


20110923_22


いよいよスタートです。
夢の舞台に立ったような感じでしたよ!


20110923_23


乗鞍岳を見ながら坂を上がっていきます。
車もほとんど居なくてとても走りやすいですね!


20110923_24


スタート地点は1500m弱でした


20110923_25


コンスタントに上がっていきます。
この辺りは森の中の景色です。

20110923_26


三本滝まできました。
ココまでは車で来ることが出来ますが今回はあえて下から。
来て分かったのですがココもゲレンデのど真ん中でしたね!

ココからは一般車は通行止めなのでほとんど車は居ない自転車天国の場所です。


20110923


スキー場の一番上にやってきました。
スキーならリフトに乗り継いで来れる場所なのですが自転車ならココまでで40分掛かっていました・・・

20110923_2


数年前に家族旅行で来た時にバスの中からこの石垣に上に熊が居るのを見た場所です。
今日は居ませんでしたね~~~~


20110923_3


この辺りが坂の斜度が一番キツかったかな?
でも振り返れば山が近づいています。
この振り返る余裕がこんなところでは欲しいですよね~~~


20110923_4


20110923_5


この辺りでカーブを曲がるたびに樹木が減っていきます。
森林限界ですね。
なのでどんどん目の前に展望が開けてきます。


058


森林限界を完全に突破です
大雪渓が近づいてきました。
もうこの辺りに来るとあまりの絶景に坂のしんどさはどうでもよくなってます。
早く上がりたいなんて気持ちはなくもっと長居したい位の気持ちですね~~。


20110923_6

こんな車の居ない天空に伸びるワインディングは乗鞍だけでしょうね!
9月に15度前後の気温でこの天気は普段の行いの良さの表れだねぇ~~~


20110923_7


久しぶりに標識が現れたのですがいきなり2600mになっています。
ゴールが2700mなのでもうスグですね。


でここで見た驚愕のモノ
うわさでは聞いていたが・・・


073


結構デタラメな自転車で


20110923_8


大雪渓にスキーに来ています
ココまであんなデタラメなチャリで来てあそこまで板を担いで上がってリフトも無いところでスキーをするってどんだけ体力あるねん!!!ですな


あとは頂上まで少し

20110923_9


20110923_10


写真をいっぱい撮りながら


20110923_11


こ~~んな道をのんびり走って


20110923_12


一番上に到着~~~

自転車の人達がたくさんここでたむろってました。


ワタシはヨメとチビが畳平の駐車場でバスで上がって待っているのでそちらへ移動します。


20110923_17


元気良くゴールです。


20110923_18


20110923_13

ヨメとチビが待ってくれていました。


いや~~~

余裕でしたね~~
でも空気はかなり薄く斜度の割にはスピードは全く出ません。
ちょっと頑張るとすぐに息が切れます。
ここのヒルクライムレースはかなり過酷なんでしょうね!
ワタシには関係ありませんがね


ここで昼ごはんを食べて


そして魔王岳へプチ登山

ヨメにパンツとジョギングシューズを持ってきてもらっていたのでそれを履いて

20110923_19


登頂!

ここでも息が絶え絶え
空気薄いですね~~~


でこの後下山準備


20110923_20


ウインドブレーカーを着てジョギングシューズのまま下山です。


123


一号カーブから距離20Kmのダウンヒル開始です。
ボーちゃんなら泣くでしょうな~~

131


37分AV.35Km/hで降りてきました。

138


山の上が遠くに見えてます。
こんな長いダウンヒルは初めて。
ブレーキに疲れますわ

ワタシの後にスグ出たバスはまだまだのようです。


140

車で待っていてくれた「どってん」とバスをのんびり待ちました


夢の乗鞍


無事終了~~^


上りのデーター

距離20Km
AV.10.1Km/h

走行時間2時間
所要時間2時間15分

| コメント (10) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

チャレンジ200

ヤヤコシ団の久しぶりの真面目企画

チャレンジ200

めずらしくロードばかりの本気印


コースはコチラ



7時半三田駅集合
参加者のアピ氏は西宮から、フクちゃんは玉津から、ワタシは兵庫から各々自走で三田まで。

フクちゃんが10分遅刻
淡河から上り基調の道をガッシガシで来たみたいです。
三田到着地点で天に召され気味の中出発です。

出発してすぐに距離600mで平均斜度10%の坂でフクちゃん撃沈
すでにヘロヘロ、大丈夫なのか?

004


坂を上った後は目立ったアップダウンは無くクルマの少ない道を行きます。


こんな道をの~~んびり走っているとなんと後ろが居ない

良く見ると少し離れたところを走っていたのでペースを落として走行。

そして数分後に後ろを見ると


いない・・・
誰もいない・・・・ 


仕方ないので先にあるアマゴ釣り場まで行きます


005


一人先について休憩していると数分後に


007


フクちゃん、アピさん到着

フクちゃん「オレアカンわマジでアカンから帰るわ」

ホンマにアカンみたいです。

三田までガシガシで来たので本当に売り切れたみたいです。
なのでココでチャレンジ200は終了~~~~~~











ですが休憩してからのんびり走ろうよ!ってことに

せっかく気持ちいい所に来ているしね!


ここでお互いのロードを乗ったりしてのんびり休憩

そして出発後小柿渓谷~篭坊温泉方面へ

010


017


とっても気持ちいい道です。

ペースは

011


ゆっくりです。


そして

021


R173にでて次はるり渓へ!

るり渓の手前が若干の上りですが途中で休憩を入れながら坂を上がり

026


今年もやってきました「るり渓」です。


今年は通過せずにお茶しましょうと言うことで

パン屋さん発見したので寄り道です。


034


029


まるで団長の輪行袋入れのような店です。


033


美味しそうなパンがいっぱい


031


営業妨害の二人です。


シュークリームが非常に美味しかったです。
写真無いけど


ここでもかなりのんびり

そして出発

036


なが~~~い下り基調の道を快走してR372へ!

R372を西に少し行ったところで休憩


039


R372とR173の交差点にあるローソン

もはや定番ですな!


ここは飲み物補給の予定でしたがなんと止まっているアピ氏のGIOSから急に「パッスゥ~~~~」って

まるでパンクしてみたいやな~~って笑ってたら

040


マジでパンクでした。(笑)

アピ氏曰く「僕は走っているときにパンクしたことないねん、今回も走っているときじゃないからまだ記録は続いているわ」と言っておりました。
さすがはアピ氏、パンクの仕方も普通じゃありません。

そんなこんなで出発


すると小雨が・・・

ちょうどのタイミングで042


普段なら絶対寄らない様な店があったので雨宿りがてらに昼食


中に入ると


043


お?なんか思ったより良さげな雰囲気が


で頼んだのが

044


焼肉定食

なんと「ウマい」

期待を裏切ってくれます。


フクちゃんもアピ氏も美味しかったようです。


で飯食って出発


050


篠山の街を抜けて

054


056


山南へ向かうJR沿いの道が下り基調の快走路


055


相変わらず調子がイマイチのフクちゃんも笑顔です。


途中でマイナースポットのつり橋

058


060


アピ氏曰く「僕、高いところはイマイチあかんねん!」とか言いながらこんな揺れる所でも始まるのが駄弁り!
恐るべしおっさん達です。こんな不安定な場所で駄弁りだすとは。


この後山南の役場の中で冷房+ふかふかソファーに浸りながら休憩。モチロン長めですよ!


黒田庄に近づいてきたところで


065


円応教です。お布施で建っていると思うと恐るべし宗教ですね!


この後黒田庄でJRの駅へ行き時刻表を見てみると

あと4分で列車が来ます。

フクちゃんの脚の状態からして急遽ここで終了!

ワタシとフクちゃんはすごい速さで輪行パッキング


なんとアピ氏

066


電車の中でパッキング


アピ氏は何でもエエねん


で明石まで

068


明石で解散!


ですが


お約束の


069


お疲れさん会


チャレンジ200
でしたが結局はのんびりポタでした。

でも楽しく走れたのでです。

そこが大事だからね~~~

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月30日 (木)

ジロ・デ・タカマツ

平日の最中、ヤヤコメンツであるアピさんとジロ・デ・タカマツしてきました。


朝の5:40分の便にて神戸港出発

船中は談笑タイム
あ~~だこ~~だ言っているうちに高松に到着

10:00出発です!

005


この時間ですでに暑い!(>_<) 

暑さにやられながらのスタートとなりましたが一軒目までは追い風に乗って快適に走り到着です!


007


なかにしうどん


008

冷かけうどん
もちろん


ウマシ

次へ向かいます

が・・・

暑い


信号待ちなんて

009


停止線なんて全く無視

とにかく日陰を


でも走っていると日差し全開!

010


こ~~んな真夏な感じで走って行きます。


そして2軒目に到着


014


超有名店の山越うどん


016_2


冷かけうどん

もちろん

ウマし

次はなかむらうどんを目指し出発!


なのですが


途中にある店が讃岐うどんの標準とされている店。

基準の味を知りたい?とアピさんに尋ねると

「そりゃ大事やろ!いっとかな!!」と仰るので急遽よることに


020


まえばうどんです。


021

ここでも冷かけをチョイス
実はこの店の隠れ人気メニューが「半熟たまご天」
それもトッピング

肝心の味は・・・


標準なのです、これが

モチロン美味しいですよ

そして寄り道も済ませてからなかむらうどんを目指し走ります。


027

途中こんな感じのいい道を走ります。
クルマの来ない気持ちいい道です。


が・・・

028


アピさん、しんどそう・・・・
ソレ位暑いんです。

道路わきの温度表示板に35度って出てましたからね


そして到着です。


029


なかむらうどん


031


ウマシ

ここでも冷かけうどんです。

暑いときに冷たいかけうどんはホント美味しいです。


この店が高松からは一番遠い店。

ココからは高松に戻る方向で走ります。

033


なかむらの近くにある「讃岐富士」

歩いて上がれるみたいです。

今度上がるか?


かる~~いアップダウンを過ごして到着の5軒目


036


038


麺喰地蔵たるものがある「がもう」


034


冷かけうどんです。


もちろん

ウマシ


コレにて本日のうどん屋めぐりは終了
5軒でウチドメ・・・・もとい喰い止めです


ココからはR11でサクッと高松市街地へ


暑いので日差しを避けるために


039_2


商店街の中を通ったりしながら

040


PM3:10、ジャンボフェリー乗り場に到着。


初めての讃岐うどんサイクリングはこのフェリーに乗りそこねて
2回目のソロで来た讃岐うどんサイクリングはフェリー乗り場手前1キロの地点でパンクしてそのまま走りギリギリで乗れたという経緯があったのですが今回はノートラブル。

手前のコンビニでビール&おつまみも余裕で購入


船に乗って早速


041


042


汗を流してさっぱりしてから


044


お疲れさん会

そして

045



いや~~


贅沢な時間です

046


そんなこんなで船は神戸まで我々を連れて帰ってくれて今回は終了です。


お疲れ様~~~~

| コメント (7) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

ヤヤコシ小径団で嵐山へ!

054



ヤヤコシ小径団のメンツで京都の嵐山へ!

また1機戦う小径車が増えてシェイクダウンツーリングです。

主賓のアピさんの都合で今回の集合場所は丹南篠山口に11時と遅めなのでワタシとフクちゃんは9時に三田集合。


ワタシは時間があるので三田までも自走で行くことに


三田までのルートは


017


六甲です
坂道大好きってわけではないのですが普段FELT号で走っている再度山~丁字ヶ辻をKHS号で走るとタイムはどうなんだ?

と言う事で

015


016


1h17m
AV.12.9Km/h


ビックリですね~~


FELTでは

1h07m
AV.15.0Km/h

ん~~~


10分も違うんだ
想像以上の遅さです。

こんな事をしていたら三田到着10分遅刻です。フクちゃん、ゴメンネ

三田駅で少々休憩後出発

019

武庫川沿いをダベリング


この後以前より気になっていた道で青野ダムへ寄り道しながら走っていると気づけば10:30。後30分しかないのにまだ藍本駅の南側で篠山へはいっていません。がんばって走って10:55ギリギリ間に合わずに到着です。

ここで問題が・・・

朝の六甲とココまでのガシガシで脚が売り切れました。
まあココからはのんびりポタなので大丈夫でしょう!

021


アピ氏のタイレル号もお披露目してから出発です。

Dsc03709


022


のどかな道をポタポタ行きます。

でも幹線道路もありそこはやはり30キロで走ります。どんどん脚が削られていきます。足が攣りそうになって来てピクピクしています。何とかごまかしながら走り途中コンビニで「アジシオ」を購入。

手のひらに塩を出してなめると


ウマイ

かなり体から塩が抜けてるのでしょうね。
この後脚の攣りは治まりました。
恐るべし「塩」ですね!


この後天引トンネルを抜けてるり渓入口を横目に走り園部へ!

Dsc03714


この辺は分からない程度の下りなので快走です。
大体35キロ位でダベリング走行です。

そして到着

028

道の駅京都新光悦村


昼ごはんです。

ワタシは以前にヤヤコシ団長が言っていたモノを

024


たまごかけごはんセット¥500とざるそば¥500の¥1000コース。


うまかったぜ!団長


おなかも満足したところでダベリもそこそこにして出発です。

道の駅から少し走ると今日の主要スポットのうちの一つ「日吉ダム」です。

Dsc03719


030


公園や温泉も有りとても良い所です。
車道の対岸の道が最高 

033


034


クルマもほとんど居ないのでダベリング炸裂です。
気持ちいいですね~~~

ダム沿いを過ぎると今日のメイン峠。

038


ココは2段構えの坂で途中でいったん緩くなり終わりかな?と思わせた所でグッと斜度が増すヤヤコシイ峠です。

フクちゃんがワタシとアピさんを置き去りにして上がって行きます。その差は50m以上。
のぼりで元気なフクちゃんは今まで見たことがないので「お、フクちゃん本気か?」と思わせた直後2段構えの坂の術中にはまり面白いくらいに失速。結局坂を上がりきったときにはケツ持ちしてくれてましたわ

日吉ダムを過ぎてからは2車線の道ですが車が居ない(^^♪

Dsc03735


Dsc03732


042


3台併走で下り基調の道を快走中。

途中で最後の大事な分岐点で道の確認後「後は下りが多いから」と言いながらスタート

なんといきなり上りです

すぐ終わるで!って言いながら上がりますが


043


終わりません・・・


044


フクちゃんは泣いてます


Dsc03742


終わりません・・・・


息も絶え絶えで上りが終了

周りの山を見渡すとかなり上がってます。


誰や!後は下りやで~~なんて言ったのは

この後はゆる~~い下りを7Km
コレが最高

Dsc03747


046

路面は悪いのですが斜度がゆるいので気持ちよく下れます。
脚も冷え切ったところで下りも緩くなってきたところで

047


048


JR保津峡駅に到着です。
山の中ですね!

ここから少し走ったところに

056


055

保津峡のトロッコ列車の駅もありました。ここからトロッコ列車での輪行もありやな~~ってな話にもなりましたわ

この後もマイナスイオンの中を下って行くと予期せぬタイミングで目の前に激坂が・・・

距離は1kmでしたが10%越えの坂で疲れた&下りで冷え切った脚には酷でした。

坂を下ると山の中からいきなり出たのが


059


060


京都嵯峨野~~

いきなり京都です。
今までココどこ?的な山の中に居たのに突然京都観光地でかなりビックリです。
このギャップはかなり強烈です。

観光地の中をのんびり走ると

063


064


嵐山到着~~~~

1月に着た「西国街道ポタ」以来
前回は80Kmくらいでしたが今回は140Km走ってます。大阪府を通らずに来たので少々遠回りですね!


065

小径団記念写真も


ここで本日初!の「のんびり休憩」
今日は小径車でしたが内容はかなり真面目なサイクリング
渡月橋のほとりでのんびり談笑です。


ココからは駅まで走って帰るだけですが


途中で

Dsc03780


見つけちゃいました~~


なので

069


Dsc03779


最近の定番「お疲れさん会


いや~~ホントにウマいわ

満足して店を出たらなんと雨


暗くなった雨の中を走って到着です。


070

今回は「桂川駅」より輪行
のんびり快速で談笑しながらの帰路でした。


距離155Km

| コメント (17) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

佐用ホルモンうどんを食べに自転車で


いつもの「ヤヤコシ団」で走って食って呑んできました。

網干駅にて集合

今回のメンツは

007
ボーちゃん、アピさん、ケンケン&れいちぇるさんとワタクシです。
皆さんどこ見てるんでしょうね?

008
こ~~んな揖保川沿いののどかな道で山崎まで行きます。


013


015

山崎からは西へ向かいこれまた車の少ないのどかな道をの~~んびり駄弁りながら行きます。


千種川沿いに出てからはツーリングペースで走ります。
そして佐用の手前で軽い峠がありますが

020


021


024

クルマの来ない道なのでのんびり上がって行きます。
こんな道はとても気持ちヨシですね!

そんなこんなでココまでのAV.は22Km/h
意外と良いペースで佐用に到着


025

ワタシのお気に入りのホルモンうどん屋「お多福」です。


今回は大人5人
大体一人2玉食べるのが平均です。
大食いアピ氏が居るのを考慮して2玉X5人+2玉で12玉注文します。


すると・・・・

031

迫力あるぜ!この量

でも簡単に完食です。


ここから約20Kmの区間快走ペースで行きます。

039

先頭を替わりながら向かい風の中を33~35Km/hでかっ飛んでいきますが

040


れいちぇるさん・・・・このスピードでもきっちりと付いて来ています。
さすがに上郡で信号にかかって久しぶりに止まったときはしんどそうでしたが横に居たボーちゃんなんて顔が真っ赤。

ココからはツーリングペースに落としていきます。


2号線を過ぎて赤穂を目指しますが


045


046

こんな竹やぶの中の静かな道だったり


047


049


050


だたっぴろ~~い河川敷を走ったりの快走路で赤穂に着きます。


赤穂から坂越に抜けるのにトンネルを走るつもりでしたがなにやらトンネルを通らずに抜けれそうな道を見つけたので行ってみると


056


057


風情のある道で坂越に出ました。

ココからは海沿いです。

山アリ川アリ海アリですね!


062


064


この辺りの海岸線はのんびり走るのがとても気持ち良い所です。

このまま相生を目指します。


065

山の中に突然現れる橋です。
なんでこんな立派な橋か不明ですね(^_^;)


この辺りが本日最後の坂です。

068


ボーちゃんとアピさんがまず現れ


間髪いれすに

070

ケンケン&れいちぇる夫妻です。

皆さん脚がそろっているので待たす&待たされるということがないので一緒に走ってホントに気持ちがいいです。


そんなこんなで相生駅到着


先月にボーちゃんと見つけた相生駅前の聖地に行きます。


075

頑張ったご褒美ですね

走って楽しで食って美味しで呑んで気持ちよしのヤヤコの休日でした。


083

最後はガラ空きの列車で輪行


皆様おつかれ~~~っした!


| コメント (11) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

ソロガチライドツーリング

115

070



ひさし~~~くソロでのツーリングに行ってなかったので行ってきました。


まずは北へ!
日本海目指してスタートですが

002

AM5:20。まだ長田です。
先はかな~~り長いな・・・と思いながらココからは坂道が続きます。

実は長田から北区への道が本日の一番坂。
今日は坂道は少ないルートなんです。

AM7:30に三田で朝ごはん
吉野家で牛丼食べて小休止

それからはR176で北上です。


004

篠山市


012


丹波市


追い風にも助けられて快調にすすんで行きます。

この辺りからは自転車では未開の地
ワクワク感がたまりません。

そして


023
初めてと言う訳ではないのですが京都府に入りました。
我が家からでは京都市に行くより遠いんです、福知山は。
坂道あるしね!

ここでAM9:40

すこし休憩します。

027
福知山城近くのローソンですがイートインがあったので休憩ポイントとしては
次回の舞鶴ツーリングでも使いましょう。


でココからは由良川沿いの府道55号で舞鶴に向かいますが

河川敷の土手の道があったのでそちらをチョイス
現場見て道は決めないとね!

033
先が見えないくらいの直線です。この道は2Kmくらいかな?その後は府道55号に入ります。

この府道55号、由良川沿いと並行で走っていて対岸がR175です。
なのにこの道、とにかく車が少ない。


037


044

路面もよくず~~~~~っと30Km/h前後で流せます。
この辺りが舞鶴までの行程では一番快適でしたね!

で見えてきました。


045
「舞鶴市」
鳥取以来の自走日本海側です。大袈裟に書けば「本州縦断」ですな


で結局突き抜けた・・・の行き先は

047
とれとれ市場

今回は中をぐるっと見ただけで飲み食いはパス。
楽しみは次回に取っておきましょう

でココからは


051

R27で東へ向かいます。

東舞鶴へ出るとおなじみの自衛隊

Photo
普段なら戦艦の中の見学が出来るのですが今は震災への救助待機中と言う事で見学はやっていませんでした。
残念

この自衛隊近辺は独特の町並みです

055

こんどゆっくり散策もしてみたいですね~~
コレも次回のお楽しみと言う事で先に進みます。


東へ進んでいくと


056

福井県に入りました。高浜です。
とうとう近畿から出て北陸地方へ・・・大袈裟か


高浜と言うと


そうですね!
今何かと話題の多い

059
原発の街です。

この辺に来るとやっと気持ちの良い海沿いの景色が見えてきます。

060
日本海・・・と言うより若狭湾か。でも瀬戸内とは違う海の景色です。海沿いは理屈抜きで気持ちいいですね~~~~。


で海沿いの景色を進んでいくと

068

大飯原発


いや~~


原発だらけ。さすがは若狭湾です。

この地域のおかげで関西の電気がまかなわれているのです。


大飯を越えるとそこは


071

小浜です。

まさかこんなところまで自転車で来るとは

この感覚もチャリツーリングの楽しみの一つです。

このR27
舞鶴~小浜の区間
トラックもほとんど居なくてすごく走りやすいのですが小浜に近づいたとたんにトラック街道に変身です。
それは舞鶴自動車道が小浜西で終わるからです。
小浜西ICから東側はチャリで走るのは危険。トンネルなんて生きた心地がしません。

小浜の街に入る直前の最後のトンネルの手前でなんとパンク

075

いや~~コンスタントにパンクの回数が増えていきますね。
チューブもつぎはぎだらけ
このパンク、ヘタしたらトンネルの中でパンクしてたかも。
そんなギリのタイミングでのパンクで命拾いしたかもでした


パンク修理後命がけでトンネルを過ぎて

076
去年にバイクでツーリング中ここで2回休憩しましたね。
まさかココまで自転車で来て休憩とは・・・なんだか達成感があふれます。


休憩後さらに進路を東にとりすすんで行きます。

小浜の街中のR27で

077
美山に行く「周山街道」との分岐です。
美山と言えばアピさん
美山から来ればココにでてきますよ~~。

脚が売り切れている今日はココを右折はありえません

そして小浜を過ぎて若狭町に入った所で次なる分岐が

081
敦賀に行くか琵琶湖の分岐点

敦賀でもいいかな?と思ったけど琵琶湖ルートの方が静かに走れそうだったのでここで右折です。


082
ココからはか~~るい峠です。
でもこの日は強烈なフォローの風。
なのでかなり風に助けられて上がっていきますが途中で遂に太ももが攣ったので秘密兵器?のフロント30Tを使って峠越えです。
30T最高
疲れてきたときにイイですね。この手の装備は


で上りの途中で

087

滋賀県です。
自走で大津すら行った事ないヤツがいきなり高島市です。

峠を越えて下って行くとこんな分岐が

088

ボーちゃんが行きたいと言ってた「鯖街道」

モチロン今日はありえません。

分岐から鯖街道を覗くと


089


いきなり上りが見えます。

今日は堪忍しておきましょう


でそのまま追い風に乗ってワインディングを下って行くと


095

自走での初「琵琶湖」です。
それもいきなり湖北エリア

この辺が本日の暫定ゴール地点でしたがまだ時間が早いのでココから南下していきます。

走り出してスグに

101

さざなみサイクリングロードというのを見つけたので行ってみましたがママチャリで走るような道ですね!

おまけに前日までの長雨のせい?


103

道が水没しています。
行きたくても無理だぁ~~~

なので引き返してツーリングでの定番「湖周道路」を走ります。

106

107

この辺もありがたいことに追い風

疲れた脚でもこのペースで快走路を走ります。


で着いたのが

113


道の駅しんあさひ

風車のあるところですね!

この辺でスタミナ切れで脚が回らなくなってきてたのでなにか食べよう!と思ってたらこの道の駅は何も無し。
おまけに琵琶湖沿いに出てからは気温が急降下
このときで17℃くらい。

まわらない脚を頑張って動かしてたら


温泉を発見


123

18時からの営業でしたが「別にええよ~~、入って行き~」と神のお言葉をいただき入湯。


疲れ&冷えの体に温泉は染み過ぎました。

と同時に本日の走る意欲も汗と一緒に流れて行きました。


ホッコリした後はここから数キロの場所にある駅までひとっ走り


駅の手前でケーキ屋を発見

132
家で待ってくれているはず?のかわいいヨメ&娘にロールケーキを購入

130

近江高島駅に到着

サクッと輪行準備をしてホームへ


141
ホームにて撮影したら窓の外に人がいますよ


??と思い見てみると


142

駅前ロータリーに背の高い人が居ました。

誰なんでしょうね?

だれか調べて!

で待つこと数分

143

電車がやってきました。

京都までこの電車で行き後は新快速で

ココから2時間で神戸でした。


ロングツーリングが出来て輪行ができればこんなダイナミックな日帰り自転車ツーリングも出来るんですね!

走れる力量+輪行等のスキルも上がってきて去年では考えられないツーリングが出来ました。


距離234Km/h
AV.25.1Km/h


距離もAV.も大満足です


| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

岡山~相生サクラツーリング

011


サクラを見ながらのお気楽ツーリング(ポタじゃなくてね!)
チャリ仲間の相棒「ボーちゃん」と

ルートも大雑把にしか決めずに気の向くままに

結局思ってたよりもかなり小回りになりましたが良い道見つけたら「ソッチ行こや!」きれいなサクラを見つけたら「あそこ行こや!」的なイージーなノリで

こんなノリは気の合う同士で無いとね!

晴天のポカポカ陽気の中
適当に走った気持ちよい河川敷の道
たまたま見つけたサクラ並木道
瀬戸内の景色が堪能できる海沿いのサクラのトンネルになっている道
なぜか坂らしい坂は無しだったルート
コースのほとんどが走りやすい車の少ない道

自由きままな自転車ツーリング
出来すぎのツーリングとなりました。

003


007


今回はお初の「ロードでの輪行」
やってみると楽勝!
おまけにKHS号に比べて軽い

ちょっと面倒な感じもあるがこれからはロードでの輪行も全然アリになりました。

2時間半で兵庫から岡山まで
駄弁っているとスグでしたわ

012


013


015


岡山駅出発後すぐに岡山城&後楽園
サクラの名所ですね!
見事なほど満開でしたわ


019


036


044

旭川沿いから東に抜けて吉井川沿いへ!
旭川沿いは道間違えてすぐに川から離れてしまいましたが吉井側沿いは最高
車のほとんど来ない土手の道を25キロくらいの快走ペース。
対岸には「片鉄ロマン街道」という自転車道があるのですが気持ちよさではコチラの道の方が格段に上
適当にウロウロしながら


045
途中から片鉄ロマン街道に入ってポタポタしながら


055
ついに海沿いまで出てきました。


海沿いに出てからはしばし車道
R250を30キロ前後で快走
1月に牡蠣を食べに行った日生に行きます。

牡蠣シーズンではあれだけ賑っていたBBQコーナーも

058
閑散としています。また空いている間にもみんなで来ましょう


そして驚愕の山が・・・

061

牡蠣・・・
みんな食べられちゃったのね・・・

恐るべし人間

さらに


060


ホタテもありました

日生からは1月に走った道を逆向きに走りますが

065


073


逆向きも景色が違うので新鮮味アリですね!
この辺りはどちらの向きでも景色良しでした。

赤穂に入ってからは幹線道路を走るつもりでしたが

076


077


こんなサクラ並木を見つけたので「ソッチ行こや!」で走りました。
車道の路肩を黙々と走るのとは大違い
こんな気楽なノリで走れるのもめちゃ楽しいですよね~~~


この後千種川の河川敷を走って南下
サクラの名所赤穂御崎を目指します。


087


088


093


サクラサクラサクラサクラ・・・・


095
by tatsuamago

とにかくサクラです。残念だったのが7分咲きだったことかな?

ビデオの後半のお見苦しいところは勘弁してね

そんなこんなで赤穂から相生も車の少ない道で抜けて相生まで

100
相生駅です。
今回はここで走るのがおなかいっぱいになりました。

駅前には

099
こんなオアシスが


037
今日も大満足です!輪行はこんなの出来て最高です


距離120Km

| コメント (13) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧