うどん食いまくり

2008年5月 5日 (月)

讃岐へGO!、其の3 田村うどん

今回は数年ぶりに訪れた店、田村うどん
ここのかけうどんが大好きなわたし。

Sany0031
さぬきうどんでは当たり前ですが超有名店とは思えない店構えです。


Sany0030
やっぱり並んでます

Sany0027
回転はいいのですぐに店の中へ。
愛想のいいおやっさんがうどん製造中です


ここでは冷たいうどんにあついかけだしで食す。

Sany0028
見事にエッジの立ったうどんでもちろんコシも味わいもグ~っ
ここのかけだしはややしょっぱいがえぐみのないいりこだしで讃岐うどんならではの透明感のあるだし。
この味は本場以外では味わえない。我が地元の神戸でも讃岐うどん屋はあるが出汁はすべてかつお出汁がベースの関西風。わたしはこのいりこメインの出汁が大好き。何杯でも食べれそう。もちろん讃岐うどんならすべてで味わえるものでもなくこの味を味わえるのは限られた店。その内の一つがココ田村である。


評価


| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

讃岐へGO!、其の2池内うどん

今回は池内うどん

まずは店構え
Sany0019

看板はあるがだまされて隣の扉から入ってはいけない。
実は看板の隣にある路地というかスキマからお邪魔すると

Sany0018

うどん屋さんが現れる。
讃岐うどん屋らしく一筋縄ではいかないのである。

Sany0016
この中でマダムたちにオーダーする。
ココはなんと名物は蕎麦。
うどんと蕎麦のカップルというのがある

Sany0014
これである。おまけにラーメン鉢


Sany0015
これはうどんのみ。来店中の客でうどんのみを食べてたのは私だけ。ヨメもソバ入りを食す。

ソバに関しては可も不可もなく普通においしい。
うどんは讃岐うどんらしく美味。
どちらかといえばドシッとした重みのある麺。
全国各地のあるセルフ讃岐うどんじゃ味わえない一品
ただ好みとしてはもう少しやさしい感じのうどんが好きだがこの店も間違いなくAクラス。

評価


おまけ

Sany0017

店の裏に鯉がいます。
コレもこの店の名物だそうです。鯉にうどんをあげながらゆっくりとしたときに身を任せうどんを食べるのが通らしい・・・(^^ゞ

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

讃岐へGO!、其の1三嶋製麺所

我が家のお気に入りの讃岐うどんの旅へ行ってきました。
わたしはもちろん、ヨメも娘もうどんが大好き。
そんなうどん好き一族のうどん食べまくりツアーです。

今回はリッチに明石大橋ー淡路ー鳴門ー板野(出口)-藍住(入口)-美馬、という時は金なりの最速高額ルートでアプローチ。


まず一件目は三嶋(三島、どっちが正しいかは知りません)製麺
あの有名な谷川米穀店の近所で車で5分て所かな。
ディープな立地で有名な谷川と同じくコチラもかなりディープ。
ここで商売が成り立つのだからスゴイ。
Sany0013
なぜココなのだろう?という雰囲気


ここは大か小かと温いか冷たいかを選ぶだけ。
後はテーブルの上にある醤油をかけるだけ。
たまごが欲しいときはテーブルの上に山積でおいてあるので勝手に入れる。

Sany0005
冷たいの小、ツヤツヤでエッジも立ってあるいぶし銀の麺


Sany0006
温いの小、玉子を入れて。

まずは冷たいのですが見た目のイメージと同じくツルツルのコシコシ。
どっしりした重さのある麺ではないがやさしい感じでもない。
ただコシは尋常じゃないのでまじめに噛んで食べるとあごが疲れるのでチュルチュルッとのどで噛むのは半分で後はのどで味わう。

温いのは玉子かけで食べたが温い麺でもコシは健在。
冷とは違うやさしいコシで玉子のやわらかい味と絡んでとてもおいしい。
冷も温も小一杯でやめるのが切なくなってくる。


Sany0007
店の中の雰囲気。古びた麺切り台で切る手作業で廻りの雰囲気にあってとてものどかな光景。

Sany0008
そんなのどかな場所で打ついぶし銀の讃岐うどんを求め通りがかりじゃ絶対に着かないような場所にうどんを求めて人は並ぶ。

今までにわたしが行ったうどん屋さんでも結構上位に入るかも?

三嶋製麺でした。


評価

| コメント (3) | トラックバック (0)