« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

<年輪銀輪団>  三田~若田亭~猪名川

さんふらわあで大分から帰ってきた朝

バイクで帰着後大慌てで準備&出発


バイカーは終了
チャリダーに変身です

この日は年輪銀輪団

9時半に三田集合なのですがとてもじゃないけど間に合いませんでした


ちなみにこの日はワタシのディープ「WH-RS80-C50」をボーちゃんのVIVALOへレンタル


191


怪しげなオーラが出ています。
あえての色外し感があり妙な迫力があります
こんなの乗って遅いわけねぇ~~じゃんというオーラがビシバシです

こんな速そうなボーちゃんとなら銀輪団のゆっくりペースにはすぐに追いつけるのですが今回は久しぶりにこんなお荷物・・・・

193


久しぶりの愛弟子登場
今年度初です。
本人曰く「ブレーキはちゃんとかけれましたよ」と言う事

遅々としたペースでスタートでしたが皆さんがゆっくり走ってくれたのとのんびり休憩してくれていたおかげでなんとか本隊に追いつきました。


197


若田亭へ行った時の銀輪団名物の駐輪風景
なかなかイカしてるとおもいませんか?

昼食後は知らない道を連発してくれました

200


こんな車の来ない川沿いの道を走り


198


前を走る30代前半女性と後ろを走る素敵な60代女性
後姿で見れば後ろの方の方が若く見えますね!

素敵な先輩方がたくさんいらっしゃいます。

そんな快走中に


205


S井氏のホイールがトラブル
スポークが一本飛んだ模様。

スポーク数が少ないタイプなので一気に振れが出て走行不能に。

ワタシのKHSのQ2QUASERもそうでしたがスポーク数の少ないのはこんな時に弱いですね!
ツーリングには30本位のスポークがいいなと思わせる瞬間でした。


そして今回の目玉

ワタシのディープホイールを貸しているボーちゃん

203


コミカルな雰囲気の中にめっちゃ速そうなオーラが・・・
ホイール一つでここまで雰囲気が変わるとは
走りの感を含めホイールの存在は大きいですね~~


206


確信犯的な色のミスマッチが余計に迫力を増しているような・・・・
後ろの彼岸花がミスマッチに追い討ちをかけてますね~~


そんなナンセンスな画像より


207


209


秋の訪れを感じさせる花がアチコチに咲いていました。
これから秋本番

いろんな所に行きたいですね~~

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

阿蘇弾丸ツーリング

さんふらわあのキャンペーンで

「神戸~大分 往復¥12500」


安い!


と言う事で


002


さんふらわあの乗船場の六甲アイランドに集合です。

キャンペーン便乗組がかなり多く


008

バイク多し!!


そんな船の中で初日は楽しく過ごし


フェリー内での一夜が明けると

011


洋上でのご来光

ありがたや~~~ありがたや~~~

で朝風呂に入って朝食も済ましてから下船


そして

012


出発です。
まずは大分から別府へ!

そして別府から下道で湯布院へ行きます。


017


018


活火山である由布岳が見えてきて


定番の絶景スポットで休憩です。


023


「狭霧台」

です。

活火山を目の前に休憩とは九州らしいですな!


のんびりと雄大な由布岳を満喫してから出発

030


やまなみハイウェイを南下していきます。


すると


043


やまなみハイウェイらしい広々とした景色がどんどん広がってきますね~~~


045

で長者原で休憩

急ぐ旅ではないのでのんびりと


047


久住連山と噴煙を見ながらロールケーキとコーヒーでブレイクタイム


心地よい時間が過ぎていきます。


ココからが峠越え

約4キロの上りで峠を越えると

058


眼下に阿蘇が広がります。

なかなかスゴイ景色ですよ!


そして坂を下ると


061


071


地平線が見えるくらいの草原が広がります。

一緒に走るメンツも


188


190


ご機嫌


こんな中を快走して


089


阿蘇の聖地

「大観峰」


に到着


今まで何度かココに来ましたが今日のバイクの数はハンパ無いです


092


094


すげぇ~~数

ものすごい賑わいです。

ここでものんびり休憩

そして時間はちょうどお昼

以前職場で聞いた店に向かいます。

104


「いまきん食堂」

なんとかなり並んでます・・・

でも他に宛てもないのでおとなしく並んで待ってると意外と早くに入店

店員オススメの

「赤うし丼」をチョイス


107


109


そりゃ並ぶわけですわ!

めちゃウマ

ワタシは牛丼といえば吉野家がダントツで一番だったのですがここの牛丼は双璧をなすほどウマい。

これで大盛り¥1300

また行きたいな~~

そしておなかも満たされて出発


113


お次は阿蘇山の草千里をめざし走りますがこの辺はちょっと暑め・・・

ですが山に登るといきなり涼しくなり


到着

126


草千里を見下ろす駐車場に到着

ものすごい人の数です。


この日は視界が良く雲仙普賢岳や天草の方も見えてました。

ここでも双眼鏡片手にのんびり休憩


あまりゆっくりもしていられないのでお次へ!


南阿蘇方面へ向かいます。


阿蘇を下っていくのですが

143

がけっぷっちをつづら折れで下って行きます。

なかなかダイナミックな下りです。

149


らくだ山方面へ行き


157


阿蘇根子岳かすめて阿蘇の北側へ!


159


光のコントラストの関係で鬼気迫る雰囲気が出ています。
やはり普通の山ではありませんね!阿蘇は


後は帰路

やまなみハイウェイを北上


169


183


185


雄大な阿蘇を後にして快走です。


途中で時間に余裕が出たので休憩


177


175


濃厚ジャージー牛のソフト

これまたウマし

でも

176


絵にならないおぢさん二人です

後は


187


久住連山を越えて湯布院へ!


そこから大分道で大分まで


目標どおり6時30分位にフェリーへ到着


乗船後


飯くって
ビア呑んで
風呂入って

そして



いやはや


贅沢な旅です。


コレでフェリー代¥12500は安い


明朝定刻通り神戸着


フェリー乗り場で解散となりました。


みなさまお疲れ様でした。

11月に志布志行っとく?


開聞岳と指宿砂湯ツー


なんてな


| コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

乗鞍サイクリング

20110923_14


自転車を始めてからの目標の一つであった

「乗鞍」

に行ってきました。

昔にバイクで行ったことはありましたが自転車の方が満喫度は
大自然の絶景の中の空中散歩感覚
でもそれなりに脚力はいるワケでもありますが・・・

周りは一所懸命に上がっている方が多い中
片手にカメラを持ちながらヘラヘラ上がったので体力的には余裕
走行時間は2時間
所要時間は2時間15分

かなりユトリを持って上がったので景色もバッチリ堪能出来ました。

昔はこんな所に自転車で来るのは変態だ!と思っていたワタシが遊びながら上がれるようになっていたのもビックリでしたね

20110923_21


20110923_22


いよいよスタートです。
夢の舞台に立ったような感じでしたよ!


20110923_23


乗鞍岳を見ながら坂を上がっていきます。
車もほとんど居なくてとても走りやすいですね!


20110923_24


スタート地点は1500m弱でした


20110923_25


コンスタントに上がっていきます。
この辺りは森の中の景色です。

20110923_26


三本滝まできました。
ココまでは車で来ることが出来ますが今回はあえて下から。
来て分かったのですがココもゲレンデのど真ん中でしたね!

ココからは一般車は通行止めなのでほとんど車は居ない自転車天国の場所です。


20110923


スキー場の一番上にやってきました。
スキーならリフトに乗り継いで来れる場所なのですが自転車ならココまでで40分掛かっていました・・・

20110923_2


数年前に家族旅行で来た時にバスの中からこの石垣に上に熊が居るのを見た場所です。
今日は居ませんでしたね~~~~


20110923_3


この辺りが坂の斜度が一番キツかったかな?
でも振り返れば山が近づいています。
この振り返る余裕がこんなところでは欲しいですよね~~~


20110923_4


20110923_5


この辺りでカーブを曲がるたびに樹木が減っていきます。
森林限界ですね。
なのでどんどん目の前に展望が開けてきます。


058


森林限界を完全に突破です
大雪渓が近づいてきました。
もうこの辺りに来るとあまりの絶景に坂のしんどさはどうでもよくなってます。
早く上がりたいなんて気持ちはなくもっと長居したい位の気持ちですね~~。


20110923_6

こんな車の居ない天空に伸びるワインディングは乗鞍だけでしょうね!
9月に15度前後の気温でこの天気は普段の行いの良さの表れだねぇ~~~


20110923_7


久しぶりに標識が現れたのですがいきなり2600mになっています。
ゴールが2700mなのでもうスグですね。


でここで見た驚愕のモノ
うわさでは聞いていたが・・・


073


結構デタラメな自転車で


20110923_8


大雪渓にスキーに来ています
ココまであんなデタラメなチャリで来てあそこまで板を担いで上がってリフトも無いところでスキーをするってどんだけ体力あるねん!!!ですな


あとは頂上まで少し

20110923_9


20110923_10


写真をいっぱい撮りながら


20110923_11


こ~~んな道をのんびり走って


20110923_12


一番上に到着~~~

自転車の人達がたくさんここでたむろってました。


ワタシはヨメとチビが畳平の駐車場でバスで上がって待っているのでそちらへ移動します。


20110923_17


元気良くゴールです。


20110923_18


20110923_13

ヨメとチビが待ってくれていました。


いや~~~

余裕でしたね~~
でも空気はかなり薄く斜度の割にはスピードは全く出ません。
ちょっと頑張るとすぐに息が切れます。
ここのヒルクライムレースはかなり過酷なんでしょうね!
ワタシには関係ありませんがね


ここで昼ごはんを食べて


そして魔王岳へプチ登山

ヨメにパンツとジョギングシューズを持ってきてもらっていたのでそれを履いて

20110923_19


登頂!

ここでも息が絶え絶え
空気薄いですね~~~


でこの後下山準備


20110923_20


ウインドブレーカーを着てジョギングシューズのまま下山です。


123


一号カーブから距離20Kmのダウンヒル開始です。
ボーちゃんなら泣くでしょうな~~

131


37分AV.35Km/hで降りてきました。

138


山の上が遠くに見えてます。
こんな長いダウンヒルは初めて。
ブレーキに疲れますわ

ワタシの後にスグ出たバスはまだまだのようです。


140

車で待っていてくれた「どってん」とバスをのんびり待ちました


夢の乗鞍


無事終了~~^


上りのデーター

距離20Km
AV.10.1Km/h

走行時間2時間
所要時間2時間15分

| コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

<年輪銀輪団>黒豆の館~丹波~福知山  

久しぶりの銀輪団参加

6月かな?前に行ったのは


なので今回は気合入りまくりで篠山の黒豆の館まで気合の自走です。



今回は初の「WH-RS80-C50」を履いてのツーリング
その辺も興味ありでした。

AM5:40出発

長田からひよどり台へ上がる坂でも特に思い印象は無し。

大池を過ぎてから三田までは下り基調の道になりますが頑張らなくてもスピードを維持しやすい雰囲気はあります。
ただ期待していたほどではないです。
ディープ履いたらナンボでもスピードでまっせ~~とはモチロン違いますよ!

途中三田で小休止しながらも追い風に助けられて好ペースで9時前に黒豆の館に到着。

ココからがスタート

今回は15台です。

039


041


山の中でも今日は暑いです。
せみもいっぱい鳴いていてまるで真夏です・・・(^_^;)

だから休憩も


045


トンネルの中で・・・
まあ涼しいのでアリでしょう。

今回はN村氏とS井氏が先頭でN尾氏が欠席

なので予想通りといいますかナカナカのハイペースです。
後方はこの休憩前では完全にバテていましたわ


そして今回の昼食はゆきや

写真撮るのを忘れてた・・・(>_<)

なかなか居心地の良い店でした。
バイクのツーリングでも使えそうです


で午後の部


046


暑さがひどくなってきています。
9月というのにねぇ~~~

でワタシが走っていくと


「コォォォォォ~~~~~」ってホイールの音がすごいしているそうで近づくとスグに分かるそうです。
この音だけでも結構気持ちいいもんです。


で午後は峠主体の道でしたが脚が売り切れることもなく黒豆の館に到着。


ココからは三田駅までソロランです。


時間も早かったので寄り道しながら行きます。


篠山で

049


稲は収穫

そして


050


黒豆はスクスク育っています。

この辺りは米か黒豆ばかりでした。

来月が楽しみですね~~


で日置まできました。


051


ココからはヒルクライムです。

最初は見えない程度の上りですが


052


途中から10%程の上りが続きます。

この辺でT倉さん&Y子さんの車が横を通りワタシをみてビックリしてました。
そりゃこんなところに居ればビックリしますわな

で10%坂も頑張らずにインナーローでのんびり上がり


053


上まで上がってきました。
本日の最高標高地点です。


ココからは

058


下り基調の涼しい小柿渓谷を通り三田まで


060


三田からは神戸電鉄で輪行


距離は170Kmでしたが脚は売り切れませんでした。
今回はとにかく頑張らずにツーリングペースに徹したのがヨカッタのだと思います。

とにかく「暑さ」との戦いでしたね!
水分は何L飲んだか分からない位飲みましたわ。
もちろん塩の補給もOK!ですよ

秋の第一弾は思いの他ロングになってビックリです

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »