2011年10月23日 (日)

引越しのお知らせ

ブログの引越しをしました。

http://blog.livedoor.jp/tatsuamago-first/

お気に入りの変更をお願いしますね~~

これからちょくちょくとのぞきに来てやって下さい。


| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

<ヤヤコシ小径団> グルリと神戸一周

神戸の外回り的なサイクリングです。

まずは明石集合

ですが家から西向いて走りますがとにかく向かい風
いつもは40分前後で明石に行けるのですがこの日は50分オーバーでした。


そして明石でアピ氏タイレル号と合流後ドッペルフクチャンを迎えに


そして合流後


002


いきなり休憩で(笑)

まあワタシがもよおしたのでね(^^ゞ

止まればダベリが始まるこの3人です。

ココからはわき道はポタポタ
幹線道路は快走ペースで木見を越えて坂本を通り呑吐ダムへ!

呑吐ダムのサイクリングロードを


004


ポタリングの真骨頂
たぶんジョギングしている人の方が速いと思います(笑)


007


009


呑吐ダムの堰堤で少々ダベリングをします。

そして走り出して県道38号に出てからはか~~るい上り坂
ココでアピ氏が


「もう豊助饅頭いつでも食べれるで」
「豊助饅頭見えてるんとちゃうん?」
「あの建物豊助饅頭やで」


・・・と

とにかく「豊助饅頭」しか頭にないらしい。

もし寄らなかったらどうなっていたことか・・・


そんなこんなで


014


豊助饅頭に到着

アピ氏は満面の笑み


010


我々ヤヤコには全くと言っていいほど似合わない落ち着いた雰囲気の店内で

011


飲んで


012


食って


豊助饅頭を満喫しておりました。


たしかにココのはおいしいですね!

今回はわらび餅が絶品でした。


ここでもかな~~りダベリング

今日は電車の時間もないし時間に縛られてないのでゆっくり出来ます。


そして出発

015


同じく県道38号を北神戸に向かって進んで行きますが上り基調の道。
のどかな景色ですが頑張ればスグに脚に来ます。
ゆっくり走りたいのですが後ろから


016


こんなコワ~~イ「ドッペル怪のフクちゃん」が追いかけてくるのです。
その後には「ボクいつでもうどん食べれるで!」といってそうなタイレルアピ氏も居るし・・・(>_<)

そんなこんなで信号で止まること数回で西宮北IC近くの「いわしや」に到着


020


店の前には

018


こんな看板が


ってのは冗談で


019

ちゃんと営業中です

さっきのはこの看板の裏でした(笑)


で今回はひやかけをオーダー

017


この店

本場さぬきうどんと遜色無いいりこ出汁の味の店
ワタシは神戸近辺ではNo.1と思っています。

サクッと食べてサクッと店を出るのがうどん屋のマナーってもの

サッサと席を立ち店の外に出ると


023


関西讃岐うどん巡礼のポスターが


それにやたらと喰い付く

024


ヤヤコシ小径団の初老の二人
字がよく見えないようですね

関西さぬきうどん巡礼サイでも行って見ますか!


そんなこんなで出発

R176に出ますが道沿いに川がありその対岸の道を走って行きますが

アスファルトの道が

027


ダートに変わり・・・・


挙句に

028


田んぼの中を走ります。


この何でも来やがれルートがヤヤコシ小径団の真骨頂
縛りの無い自由なサイクリングを展開しております。

この田んぼの後の道が大当たりで


029


車なんて全く居ない道を走り放題


そんな道で


030


自称「スマシている」ドッペルフクチャンと


031


次は何食べようかな?と思案中のタイレルアピ氏


032


033


道場近辺を快走していきます。

043


これまたほとんど車の居ない武庫川沿いをのんびり走り川下川ダム方面へ!


045


武田尾の少し上流の辺りですがこの辺りは人気無しのところで走り放題


ですが


いきなりこんな山の中で


046


新名神の工事をしています。

ホントにこんな道って要るのかな?
宝塚の渋滞を緩和する為には要るのでしょうかね?


川下川ダム沿いも車がほとんど居ないので


048


047


こんな感じの走り放題

駄弁りながらのポタは楽しいですね~~


ヤヤコシ団の団長が居たらこんなこと出来ないですよ!


「おら~~回せ回せ~~」
「坂道はガシガシいくとこじゃい~~~」


クワバラクワバラ・・・・


この後は切畑に出て幹線道路なので快走ペースで走ります。

上りで1台疲れているロードを折畳み小径3台で抜いて(笑)

十万峠のダウンヒル
4~5キロはありますよ!
いつの間にこんなに上がってたのでしょうね?


050

結構なスピードでの命がけの撮影だぜ


下りきるとそこは

056


タカラジェンヌの街ですね~~


ココからは市街地なのでポタポタ


酒屋で補給食買って


057


058


補給食片手に武庫川河川敷をいきます。


そして座れる場所を見つけて


059


おつかれさ~~~~ん


でもこのときはまだPM3:00

意外と真面目に走ったのでこんな時間にゴールしてしまったので


本腰いれて駄弁ります(笑)

そして日も傾いてきたので重い腰が上がり移動開始


タイレルアピ氏曰く
「今のおつまみタイムは本気出すとことちゃうし~~」とブツブツ言いながら2号線に出て30オーバーでいきなり引っ張り出します。
ワタシとフクチャンはヒィヒィいいながらアピ氏に着いて行くと・・・・

062


かんぱ~~い


065


餃子に唐揚、もやし炒め


王将ですね!


腹へってたのでウマい


ここで本気の


おつかれさ~~ん会です。

後はフクチャンとポタポタと神戸に帰りましたとさ


069


オマケ


HAT神戸にて


距離133Km
AV.20Km/h

意外とアベが良いのにビックリ


| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

阿蘇弾丸ツーリング(自転車編)


またまた阿蘇です。

今度は自転車でいきました。

湯平駅スタートで阿蘇駅までやまなみハイウェイコース。

今まで車やバイクで走ったことのある道ですが自転車で走ると見えてなかった景色がいっぱい見えます。
止まって見たかった景色も自転車ならスグ止まって見れます。
横の景色や橋の下の景色も簡単に見れます。
走れる距離が少ない分見える内容は密になりますね!

この日はなぜか脚が絶不調。
力が入りません。
軽く回してたら調子が上がるだろうと思っていたら回るどころか攣りだして力が入れれません。
なのでよねさん、アピさん、ボーちゃんの健脚3人衆には全く付いて行けません。
無理してもダメなので開き直ってのんびり行くことに。
無理なものは無理ですからね!

標高1300mの牧ノ戸峠でもの~~んびり上がったので走行不能にならずにクリア。
ダメなときはダメなりの走りが出来るようになってきました。
自転車のスキルもかなり上がってきたなと実感。

昼食で疲労回復に良いとされている「梅干し」を2,3個食べると脚の攣りは無くなりトルクが掛けれる様になり昼食後は皆さんに遅れを取る事なくなんとか走れました。

それにしても飯田高原~長者原~牧ノ戸峠~阿蘇外輪山と絶景続きの道にみんな大満足。
なかなかこの広大な景色は他にはないですからね!

アピさんご要望の「天空の道」に行けなかったのが心残り。

それ以外はほぼ完璧のサイクリング旅行でした。

バイクはバイク
自転車は自転車

それぞれの楽しみがあると今回は痛感。


乗鞍に続き目標の一つだったやまなみハイウェイを走れて大満足でした。

410


411


またまた「さんふらわあ」です。
今回は車バイク無しの一般扱い
自転車は手荷物なので歩いて船に乗船です。


乗船後はさんふらわあ定番のバイキングでディナータイム
船旅を満喫

ビア呑んで
風呂は行って


そして明朝


423


424


西大分港到着

ワクワク感あふれます。


425


下船後サッサと自転車組んで走ります。

2キロほど走れば

411_2


大分駅

ココから輪行
せっかく出した自転車をまたまたパッキングです。


429


待つことしばし「特急ゆふ」に乗ります。


431


外見ボロくても中は特急そのもの

旅行気分が高まります。

でいつものダベリングタイム

話が盛り上がっていると目的の「湯平駅」の放送が。

慌てて準備しますが自転車が何かに引っかかってシート裏から出てこない
列車は完全に止まってかなり焦りましたがよねさんがチョット待ってコールしててくれてたようでなんとか下車できました。こんな下り損ないそうになったのは初めてでかな~~~り焦りましたわ


434


下車すればもう余裕!特急ゆふのお見送りデス。


436


味のある駅ですね!
特急停車駅なのになんと無人駅。
なんで特急がこんな所に止まるかは不思議ですな!


ココからが本走行です。

438


さて出発!


ですがここから10Km程坂道ですがいきなり脚が売り切れ大苦戦。

息も絶え絶えで


440


やまなみハイウェイの合流点に到着


ココからは牧ノ戸峠まで大きな上りはなしです。


見覚えのある道を走りながら飯田高原に出ます。
ここで景色が広がり皆さんからウォ~~って声が出てます。

442


ここでみなさんコーラ飲みてぇ~~というので小休止

ココからがやまなみハイウェイの本番ですね!


446


452


456


長者原です。

見た目は平らな道ですが全くスピード出ません。
まあ景色がいいのでそんなことはあまり気にならないのですけどね!

458


長者原で本休憩です。
キリンフリーで喉を潤して牧ノ戸峠に備えます。

ここからこの日最高標高地点へ向かい走りますが


とにかく脚が攣りそう
ってか少しでも無理すれば攣る

なので一番軽いギヤでゆっくり回してのんびり行きます。


464


昔新婚旅行でこの場所で嫁さんと撮りました。
まさか自転車で来るとは・・・デス


クルクル軽く回してると


471


牧ノ戸峠に到着

みんな笑顔で待ってくれてます。
みんな待ってくれてありがとね!
いい仲間たちです

この峠は眺望は良くないので少し先へ進みます。


474

この日はかすみが強くて遠くが見えなかったですがそれでも広大な景色が眼下に広がりみんなからも笑顔がこぼれます。

ちなみに

058


先月来た時はこんなんです。

お次はこの景色が見れるようにお祈りしましょう!


ここから爽快ダウンヒル

アッ!と言う間に下って


480


ちょうどお昼時

なのでランチタイム

全開のバイクで来たときもココで休憩してソフト食べましたね!


ここでたかな飯だご汁定食を


476

適当に入った店でしたが大当たり!
味もボリュームも言うことなしです。

ここで梅干しいっぱい食べて補給も完了!


ここから阿蘇外輪山に向けて草原を走ります


486


487


491


496


497


500


やまなみハイウェイからミルクロードに入って快走中です。

この辺りから脚が回るようになってきてトルクを掛けても脚が攣らなくなってきたのでやっとみんなとあh知ることが出来ます。


で大観峰に到着です。


502


506


あいかわらずのパノラマ風景が広がってます。
いつ来ても広大な景色ですね!

ここで時間的コースのショートカットが決定。
余裕を見て駅に行かないとダメですからね!

しばし景色を楽しんでから出発

513


こんな雄大なミルクロードの景色ですがワタシの真後ろは


512


こんな暑苦しい魔界が迫って来てます

あとは外輪山の豪快ダウンヒルを走り阿蘇の村をのんびり走って


517


阿蘇駅に無事到着


524

九州横断特急で大分へ!


529

Dsc05177


飲みながら


2011_10090153


こんな素敵な乗務員さんに写真を撮ってもらったりして


楽しく談笑してたら大分到着!

ココではすんなり降りましたよ


あとはサクッと走ってフェリーへ!

Dsc05194


お疲れさん会して



明朝


544

六アイに到着

モーニング行ってから解散でした!


みなさん


お疲れ様でした


最後に


中央市場近くで


546


コケてたわ

| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

<年輪銀輪団>  三田~若田亭~猪名川

さんふらわあで大分から帰ってきた朝

バイクで帰着後大慌てで準備&出発


バイカーは終了
チャリダーに変身です

この日は年輪銀輪団

9時半に三田集合なのですがとてもじゃないけど間に合いませんでした


ちなみにこの日はワタシのディープ「WH-RS80-C50」をボーちゃんのVIVALOへレンタル


191


怪しげなオーラが出ています。
あえての色外し感があり妙な迫力があります
こんなの乗って遅いわけねぇ~~じゃんというオーラがビシバシです

こんな速そうなボーちゃんとなら銀輪団のゆっくりペースにはすぐに追いつけるのですが今回は久しぶりにこんなお荷物・・・・

193


久しぶりの愛弟子登場
今年度初です。
本人曰く「ブレーキはちゃんとかけれましたよ」と言う事

遅々としたペースでスタートでしたが皆さんがゆっくり走ってくれたのとのんびり休憩してくれていたおかげでなんとか本隊に追いつきました。


197


若田亭へ行った時の銀輪団名物の駐輪風景
なかなかイカしてるとおもいませんか?

昼食後は知らない道を連発してくれました

200


こんな車の来ない川沿いの道を走り


198


前を走る30代前半女性と後ろを走る素敵な60代女性
後姿で見れば後ろの方の方が若く見えますね!

素敵な先輩方がたくさんいらっしゃいます。

そんな快走中に


205


S井氏のホイールがトラブル
スポークが一本飛んだ模様。

スポーク数が少ないタイプなので一気に振れが出て走行不能に。

ワタシのKHSのQ2QUASERもそうでしたがスポーク数の少ないのはこんな時に弱いですね!
ツーリングには30本位のスポークがいいなと思わせる瞬間でした。


そして今回の目玉

ワタシのディープホイールを貸しているボーちゃん

203


コミカルな雰囲気の中にめっちゃ速そうなオーラが・・・
ホイール一つでここまで雰囲気が変わるとは
走りの感を含めホイールの存在は大きいですね~~


206


確信犯的な色のミスマッチが余計に迫力を増しているような・・・・
後ろの彼岸花がミスマッチに追い討ちをかけてますね~~


そんなナンセンスな画像より


207


209


秋の訪れを感じさせる花がアチコチに咲いていました。
これから秋本番

いろんな所に行きたいですね~~

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

阿蘇弾丸ツーリング

さんふらわあのキャンペーンで

「神戸~大分 往復¥12500」


安い!


と言う事で


002


さんふらわあの乗船場の六甲アイランドに集合です。

キャンペーン便乗組がかなり多く


008

バイク多し!!


そんな船の中で初日は楽しく過ごし


フェリー内での一夜が明けると

011


洋上でのご来光

ありがたや~~~ありがたや~~~

で朝風呂に入って朝食も済ましてから下船


そして

012


出発です。
まずは大分から別府へ!

そして別府から下道で湯布院へ行きます。


017


018


活火山である由布岳が見えてきて


定番の絶景スポットで休憩です。


023


「狭霧台」

です。

活火山を目の前に休憩とは九州らしいですな!


のんびりと雄大な由布岳を満喫してから出発

030


やまなみハイウェイを南下していきます。


すると


043


やまなみハイウェイらしい広々とした景色がどんどん広がってきますね~~~


045

で長者原で休憩

急ぐ旅ではないのでのんびりと


047


久住連山と噴煙を見ながらロールケーキとコーヒーでブレイクタイム


心地よい時間が過ぎていきます。


ココからが峠越え

約4キロの上りで峠を越えると

058


眼下に阿蘇が広がります。

なかなかスゴイ景色ですよ!


そして坂を下ると


061


071


地平線が見えるくらいの草原が広がります。

一緒に走るメンツも


188


190


ご機嫌


こんな中を快走して


089


阿蘇の聖地

「大観峰」


に到着


今まで何度かココに来ましたが今日のバイクの数はハンパ無いです


092


094


すげぇ~~数

ものすごい賑わいです。

ここでものんびり休憩

そして時間はちょうどお昼

以前職場で聞いた店に向かいます。

104


「いまきん食堂」

なんとかなり並んでます・・・

でも他に宛てもないのでおとなしく並んで待ってると意外と早くに入店

店員オススメの

「赤うし丼」をチョイス


107


109


そりゃ並ぶわけですわ!

めちゃウマ

ワタシは牛丼といえば吉野家がダントツで一番だったのですがここの牛丼は双璧をなすほどウマい。

これで大盛り¥1300

また行きたいな~~

そしておなかも満たされて出発


113


お次は阿蘇山の草千里をめざし走りますがこの辺はちょっと暑め・・・

ですが山に登るといきなり涼しくなり


到着

126


草千里を見下ろす駐車場に到着

ものすごい人の数です。


この日は視界が良く雲仙普賢岳や天草の方も見えてました。

ここでも双眼鏡片手にのんびり休憩


あまりゆっくりもしていられないのでお次へ!


南阿蘇方面へ向かいます。


阿蘇を下っていくのですが

143

がけっぷっちをつづら折れで下って行きます。

なかなかダイナミックな下りです。

149


らくだ山方面へ行き


157


阿蘇根子岳かすめて阿蘇の北側へ!


159


光のコントラストの関係で鬼気迫る雰囲気が出ています。
やはり普通の山ではありませんね!阿蘇は


後は帰路

やまなみハイウェイを北上


169


183


185


雄大な阿蘇を後にして快走です。


途中で時間に余裕が出たので休憩


177


175


濃厚ジャージー牛のソフト

これまたウマし

でも

176


絵にならないおぢさん二人です

後は


187


久住連山を越えて湯布院へ!


そこから大分道で大分まで


目標どおり6時30分位にフェリーへ到着


乗船後


飯くって
ビア呑んで
風呂入って

そして



いやはや


贅沢な旅です。


コレでフェリー代¥12500は安い


明朝定刻通り神戸着


フェリー乗り場で解散となりました。


みなさまお疲れ様でした。

11月に志布志行っとく?


開聞岳と指宿砂湯ツー


なんてな


| コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

乗鞍サイクリング

20110923_14


自転車を始めてからの目標の一つであった

「乗鞍」

に行ってきました。

昔にバイクで行ったことはありましたが自転車の方が満喫度は
大自然の絶景の中の空中散歩感覚
でもそれなりに脚力はいるワケでもありますが・・・

周りは一所懸命に上がっている方が多い中
片手にカメラを持ちながらヘラヘラ上がったので体力的には余裕
走行時間は2時間
所要時間は2時間15分

かなりユトリを持って上がったので景色もバッチリ堪能出来ました。

昔はこんな所に自転車で来るのは変態だ!と思っていたワタシが遊びながら上がれるようになっていたのもビックリでしたね

20110923_21


20110923_22


いよいよスタートです。
夢の舞台に立ったような感じでしたよ!


20110923_23


乗鞍岳を見ながら坂を上がっていきます。
車もほとんど居なくてとても走りやすいですね!


20110923_24


スタート地点は1500m弱でした


20110923_25


コンスタントに上がっていきます。
この辺りは森の中の景色です。

20110923_26


三本滝まできました。
ココまでは車で来ることが出来ますが今回はあえて下から。
来て分かったのですがココもゲレンデのど真ん中でしたね!

ココからは一般車は通行止めなのでほとんど車は居ない自転車天国の場所です。


20110923


スキー場の一番上にやってきました。
スキーならリフトに乗り継いで来れる場所なのですが自転車ならココまでで40分掛かっていました・・・

20110923_2


数年前に家族旅行で来た時にバスの中からこの石垣に上に熊が居るのを見た場所です。
今日は居ませんでしたね~~~~


20110923_3


この辺りが坂の斜度が一番キツかったかな?
でも振り返れば山が近づいています。
この振り返る余裕がこんなところでは欲しいですよね~~~


20110923_4


20110923_5


この辺りでカーブを曲がるたびに樹木が減っていきます。
森林限界ですね。
なのでどんどん目の前に展望が開けてきます。


058


森林限界を完全に突破です
大雪渓が近づいてきました。
もうこの辺りに来るとあまりの絶景に坂のしんどさはどうでもよくなってます。
早く上がりたいなんて気持ちはなくもっと長居したい位の気持ちですね~~。


20110923_6

こんな車の居ない天空に伸びるワインディングは乗鞍だけでしょうね!
9月に15度前後の気温でこの天気は普段の行いの良さの表れだねぇ~~~


20110923_7


久しぶりに標識が現れたのですがいきなり2600mになっています。
ゴールが2700mなのでもうスグですね。


でここで見た驚愕のモノ
うわさでは聞いていたが・・・


073


結構デタラメな自転車で


20110923_8


大雪渓にスキーに来ています
ココまであんなデタラメなチャリで来てあそこまで板を担いで上がってリフトも無いところでスキーをするってどんだけ体力あるねん!!!ですな


あとは頂上まで少し

20110923_9


20110923_10


写真をいっぱい撮りながら


20110923_11


こ~~んな道をのんびり走って


20110923_12


一番上に到着~~~

自転車の人達がたくさんここでたむろってました。


ワタシはヨメとチビが畳平の駐車場でバスで上がって待っているのでそちらへ移動します。


20110923_17


元気良くゴールです。


20110923_18


20110923_13

ヨメとチビが待ってくれていました。


いや~~~

余裕でしたね~~
でも空気はかなり薄く斜度の割にはスピードは全く出ません。
ちょっと頑張るとすぐに息が切れます。
ここのヒルクライムレースはかなり過酷なんでしょうね!
ワタシには関係ありませんがね


ここで昼ごはんを食べて


そして魔王岳へプチ登山

ヨメにパンツとジョギングシューズを持ってきてもらっていたのでそれを履いて

20110923_19


登頂!

ここでも息が絶え絶え
空気薄いですね~~~


でこの後下山準備


20110923_20


ウインドブレーカーを着てジョギングシューズのまま下山です。


123


一号カーブから距離20Kmのダウンヒル開始です。
ボーちゃんなら泣くでしょうな~~

131


37分AV.35Km/hで降りてきました。

138


山の上が遠くに見えてます。
こんな長いダウンヒルは初めて。
ブレーキに疲れますわ

ワタシの後にスグ出たバスはまだまだのようです。


140

車で待っていてくれた「どってん」とバスをのんびり待ちました


夢の乗鞍


無事終了~~^


上りのデーター

距離20Km
AV.10.1Km/h

走行時間2時間
所要時間2時間15分

| コメント (10) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

<年輪銀輪団>黒豆の館~丹波~福知山  

久しぶりの銀輪団参加

6月かな?前に行ったのは


なので今回は気合入りまくりで篠山の黒豆の館まで気合の自走です。



今回は初の「WH-RS80-C50」を履いてのツーリング
その辺も興味ありでした。

AM5:40出発

長田からひよどり台へ上がる坂でも特に思い印象は無し。

大池を過ぎてから三田までは下り基調の道になりますが頑張らなくてもスピードを維持しやすい雰囲気はあります。
ただ期待していたほどではないです。
ディープ履いたらナンボでもスピードでまっせ~~とはモチロン違いますよ!

途中三田で小休止しながらも追い風に助けられて好ペースで9時前に黒豆の館に到着。

ココからがスタート

今回は15台です。

039


041


山の中でも今日は暑いです。
せみもいっぱい鳴いていてまるで真夏です・・・(^_^;)

だから休憩も


045


トンネルの中で・・・
まあ涼しいのでアリでしょう。

今回はN村氏とS井氏が先頭でN尾氏が欠席

なので予想通りといいますかナカナカのハイペースです。
後方はこの休憩前では完全にバテていましたわ


そして今回の昼食はゆきや

写真撮るのを忘れてた・・・(>_<)

なかなか居心地の良い店でした。
バイクのツーリングでも使えそうです


で午後の部


046


暑さがひどくなってきています。
9月というのにねぇ~~~

でワタシが走っていくと


「コォォォォォ~~~~~」ってホイールの音がすごいしているそうで近づくとスグに分かるそうです。
この音だけでも結構気持ちいいもんです。


で午後は峠主体の道でしたが脚が売り切れることもなく黒豆の館に到着。


ココからは三田駅までソロランです。


時間も早かったので寄り道しながら行きます。


篠山で

049


稲は収穫

そして


050


黒豆はスクスク育っています。

この辺りは米か黒豆ばかりでした。

来月が楽しみですね~~


で日置まできました。


051


ココからはヒルクライムです。

最初は見えない程度の上りですが


052


途中から10%程の上りが続きます。

この辺でT倉さん&Y子さんの車が横を通りワタシをみてビックリしてました。
そりゃこんなところに居ればビックリしますわな

で10%坂も頑張らずにインナーローでのんびり上がり


053


上まで上がってきました。
本日の最高標高地点です。


ココからは

058


下り基調の涼しい小柿渓谷を通り三田まで


060


三田からは神戸電鉄で輪行


距離は170Kmでしたが脚は売り切れませんでした。
今回はとにかく頑張らずにツーリングペースに徹したのがヨカッタのだと思います。

とにかく「暑さ」との戦いでしたね!
水分は何L飲んだか分からない位飲みましたわ。
もちろん塩の補給もOK!ですよ

秋の第一弾は思いの他ロングになってビックリです

| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

御岳乗鞍ウロウロツーリング

 189


今年も行ってきました。
お泊りロングツーリング

今年のコースは御岳乗鞍周辺

チマチマしたワインディングが主体の道でしたがコケル事無く楽しんで走ってきました。


1日目のコースはコチラ

まずは出発

AM4:00

起きてすぐに出発
起床後15分後には阪神高速へ!

012


寝ぼけて高速走れるわけねぇ~~ジャン。
ヨタヨタ走りで何とか集合場所の京都まで

013


か~るく談笑後出発です。

日が高くなってくると暑くなるので涼しいうちに先へと進みます。

中央道の中津川ICで下道へ!

今回はガッツリ走るだけのツーリングじゃないです。

なので


024


馬籠宿へ!

歩いて散策しますが・・・


022


こ~んな坂道で樹さんが大苦戦

汗だくになりながらも日陰を探しながらのんびり歩きます。


030


のんびりした良い所です。
またもう一度のんびり来たいものですね!


そしてまたバイクへ!
ツーリングタイム再開。
お次は御岳目指してGo!


037


040


道中のR19
コレが楽しくないし暑い
すこしガマンの時間ですが仕方ないですね!

そんなこんなでR19も終わり


056


061


御岳ののぼりへと差し掛かります。
天空へ伸びるワインディングですね~。

1年前の志賀高原を彷彿させる天空のワインディングです。


で到着

067


御岳が正面に見える「田ノ原天然公園」
標高2180mです。

日が当たるところは陽射しで暑いが日陰に入ると涼しい~~~

駐車場で売っていた


064


きゅうりの漬物やアップルパイ等手作りおやつで舌鼓

なかなかウマいんですよ~~コレが


ここでのんびりと避暑タイム

でもずっと居られないので出発


080


082


御岳スキー場の中のワインディングを駆け下りて行きます!!

そして蕎麦屋が多いこの辺でめずらしく見つけたのが

087


「ピザ」という看板が立っている店

あえての蕎麦外しランチです。

ピザとパスタを注文

みんながバラバラのメニューを頼むと店のおかあちゃんが「作るの大変やな~~~」なんて言うもんだからみんな同じメニュー

この店はやってもた~~~なんて思ってたら

084

ミックスピザと


085


スモークサーモンの冷製パスタ


コレがなんと

086


ウマし
大阪と高松の爺が無言でがっついています。
いやはや良い意味での期待を裏切ってくれる店です。

結局ここの店でものんびりしたせいで開田高原へ行く予定でしたが時間が無くなってしまったのでココから乗鞍へ向かいます!

またまたR19へ出ますが

089


まあ暑いこと!
さっきまでの涼しさはどこへやら??

094

098


木曽川の源流の町を過ぎて

奈川という乗鞍まであと30分位のところまできて休憩です


105_2


ここの酒屋でノンアルコールビールを飲んで最後の山越えへの英気を養います!


ココからは乗鞍スーパー林道です。

106


こんなセンターラインのない路面もイマイチの酷道を楽しく走っていくと

107


突然目の前に乗鞍岳が現れます!

いつ見ても壮大な山ですね~~~


そして


110


乗鞍高原の白樺の森を走って宿泊地へ到着です!!


後は晩飯食べて冷えた呑んでくっさ~~い硫黄臭の温泉に入ってゆっくりと就寝です


で翌朝


勝手に5時に目が覚めます!


で乗鞍高原をジョギング

コレも楽しみの一つです


日本の夏とは思えない涼しい朝の白樺の森をのんびり走って気持ちよく汗をかいて宿へ帰って朝風呂。
いや~~~贅沢な朝です。
高原温泉リゾートを満喫です。


で朝食を済ませ2日目の行動ミーティング

アバウトなメンツなのでその場で予定なんてコロコロ変わります。

本来は白川郷へ行くつもりでしたが走ると暑いやん!ってことで

上高地へ散策へ行くことに・・・


もはやツーリングではないような・・・・

で二日目のルートです



毎年お世話になっている「美鈴荘」です。

119


来年もまた寄らしてもらいますね!


で出発です。


121

乗鞍をあとにまずは下っていき上高地へのアプローチのターミナルになっている沢渡へ向かいます。


沢渡からはタクシーで上高地へ向かいます。


127


焼岳


128


大正池

とタクシーからの景色となりますが有名どころを見ながら上高地のターミナルへ到着


ココからは歩いての散策となります。

推定24℃くらいの避暑地でのお散歩開始。

梓川沿いに出ると有名な景色が


136


有名な河童橋と穂高連峰ですね!

河童橋の上からは


141


焼岳もきれいに見えてます。


雲ひとつない快晴で景色はサイコーです。

他の3人も満面の笑みで観光を満喫しています。


158


川の中にはイワナが泳いでますね~~
モチロン釣ってはイケませんよ

のんびり散策しながら


160

上高地帝国ホテルに到着

ココに似つかわしくない4人で「おちゃ」タイム

162


こ~~んなオサレなところで


164


こ~~んなケーキセットを

このケーキがウマいんですよ


ここでお茶している間にタクシーに迎えに来てもらって上高地を後にします。

さて沢渡に戻ってきてツーリング再開です!

168


169


ちょっと暑いですがココからは開田高原へ行きます。
昨日行き損ねたのでね!

まずは

177


179


野麦峠です。

R19はコリゴリなのでワインディングルートで開田高原へ行きます。

でまずは野麦峠に到着

184


188


ココで少し休憩
この辺りも標高は高いのでとても涼しいです。
でも陽射しがキツイので日が当たれば暑い・・・


ちょっとのんびりしてから出発


190


雪の被った乗鞍をバックに快走してますね~~


で暑い中がんばって走り


203


開田高原に到着!

標高は1200m位あるはずですが

暑い・・・・


時間も2時なのでタクシーの運ちゃんにオススメされた開田高原の蕎麦を食べに


207


30分は待ったかな?
かなり並んでましたわ・・・。


でお蕎麦は


210


普通においしいですが・・・


蕎麦の香りも際立っているわけでもなく・・・・

ん~~~、味がわからんだけかな・・・・?


で店を出て少し走ったところで


212


御岳バックに記念撮影

いかにも夏の午後って雰囲気ですね~~~


この後酷暑から逃げる為に御岳ロープウェイスキー場へ


224


225


ココで標高1600m位
さすがに日陰に入れば夏を忘れる位に涼しく結局16時から18時までのんびり休憩


日も陰ってきたので

233


御岳で4人の記念撮影


242


243


すこし肌寒くなった御岳を駆け下りて帰路へと着きます。


あとはのんびりと消化試合


245


高速のSAで休憩しながら涼しくなった夜道を走って神戸まで!

距離970Km


| コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

<ヤヤコシ小径団> 昼飯食べに琵琶湖までわざわざ(^^v

032


<注意>しなくていいですよ(^^ゞ

今回は小径2台で
それもKHSコンビ
ヤヤコ団長のにゅーましんのKHS F-20RCとワタシのF-20SのKHSコンビで出動です。



わざわざ琵琶湖沿いの膳所までドカ盛りの店美富士食堂までのサイクリング


相手は団長の「よね」さんなのできっちりとウォーミングアップしてから集合場所へ行きます。


002


神戸~大阪までのアベ
なかなかハイペースで大阪の十三まで行けました。

でよねさんと無事合流


出発です


006


よねさん、KHS姿は初めてですが何を乗ってもヤヤコシさが溢れ出てます(^^ゞ

出発してスグに

008


淀川の河川敷に入って走ります。


010


梅田のすぐ近くですがのどかな空気が流れています。

クルマの来ない道をのんびりと行きます。


途中で右岸から左岸へ渡りますが


013


014


<赤川鉄橋>
貨物の引込み線かな?その線路の隣に歩道がありこれまたのどか~~に渡れます。

でこの後は左岸を走ります。

この淀川の河川敷
とってもいい道で走りやすいのですが欠点が・・・


011


016


自動車、バイク進入防止の柵がありこれがとっても邪魔
コレだけしないとバイクが入ってくるのでしょうね。
マナーが良ければこんな事にはならないのですけどね(^^ゞ

おかげでたまに道を見失い


022


道が無くなりこんなことに・・・(^^ゞ


そんなこんなで

023


こんな道で大阪からずっと来て


028


027


木津川の「ながれ橋」に到着

一気に観光モードです。


各々写真を撮ります

039


エエ感じでワタシは撮りますが


033


通報されなくて良かったヨカッタ
完全にマーキングスタイルだもんね!


流れ橋を渡り少し走りますが


040


いや~~のどかで広々した景色が広がってとても気持ちいいです(^^v


ココからは宇治川目指して走ります。

途中で見つけた有名場所


そう10円玉のアソコです


052

平等院です。


ここで観光タイム


ですが


048


049


全くにあわねぇ~~~

驚くほど違和感アリ
このオーラ、さすがはヤヤコ団長です。

ブラリと拝観後外に出ると「氷」ののぼりが


056


057


とっても暑い時間帯になってきてたのでヒジョーにウマい。
しばし冷却休憩後琵琶湖に向けて出発

ココからは絶景の宇治川ラインです。

059


前評判どおりの絶景です。

途中でつり橋が見えてきました。

063


先週ほどのやわなつり橋ではなく丈夫な橋でした。

そしてココでも


061

よねさんがマーキングしています。
きっとなわばり意識が強めなんでしょう


そして先に進むと


064


ダムが見えてきました。

なかなかの大きさです。

と言う事で


065


本日お初の坂
それもなかなかの斜度
ルートラボで見れば15%前後
チャリ仲間のれいちぇるさん曰く「ワッカ模様の道は激坂なのでイケマセン」
そんな模様の道でした。短いけどね(^^♪

上がりきると

066


見学も出来るようですが今回はパス
先へと進みます。


067


こ~~んな景色で道はフラット、交通量少なし
かなりの快走路です。
軽快なペースで走り瀬田へ!


074


075


瀬田の唐橋

がっかり名所っぽいですね!
コレと言って特に無し。木陰で少々休憩してから少し走って


084_2


美富士食堂に到着~~


早速入ってオムライスとチキンカツ、デザートにカキ氷を注文


すると


089


ダン!


090


ダンッ!!


092


ダ~~~ッン!!!

やりすぎやろ・・・・


でも

091


完食してしまう自分が恐ろしい・・・

おかげでこの日は晩御飯も食べずにOKでしたけどね(^^♪

そしてこの後は

094


096


せっかくなので琵琶湖を見て

喰い過ぎ+酷暑の為走る気が全くなくなったのでそそくさと風呂屋へ


さっぱりしてから


098


JR大津駅


ココから快速のって帰りました。


099


電車の中でお疲れ様~~~したました


| コメント (12) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

チャレンジ200

ヤヤコシ団の久しぶりの真面目企画

チャレンジ200

めずらしくロードばかりの本気印


コースはコチラ



7時半三田駅集合
参加者のアピ氏は西宮から、フクちゃんは玉津から、ワタシは兵庫から各々自走で三田まで。

フクちゃんが10分遅刻
淡河から上り基調の道をガッシガシで来たみたいです。
三田到着地点で天に召され気味の中出発です。

出発してすぐに距離600mで平均斜度10%の坂でフクちゃん撃沈
すでにヘロヘロ、大丈夫なのか?

004


坂を上った後は目立ったアップダウンは無くクルマの少ない道を行きます。


こんな道をの~~んびり走っているとなんと後ろが居ない

良く見ると少し離れたところを走っていたのでペースを落として走行。

そして数分後に後ろを見ると


いない・・・
誰もいない・・・・ 


仕方ないので先にあるアマゴ釣り場まで行きます


005


一人先について休憩していると数分後に


007


フクちゃん、アピさん到着

フクちゃん「オレアカンわマジでアカンから帰るわ」

ホンマにアカンみたいです。

三田までガシガシで来たので本当に売り切れたみたいです。
なのでココでチャレンジ200は終了~~~~~~











ですが休憩してからのんびり走ろうよ!ってことに

せっかく気持ちいい所に来ているしね!


ここでお互いのロードを乗ったりしてのんびり休憩

そして出発後小柿渓谷~篭坊温泉方面へ

010


017


とっても気持ちいい道です。

ペースは

011


ゆっくりです。


そして

021


R173にでて次はるり渓へ!

るり渓の手前が若干の上りですが途中で休憩を入れながら坂を上がり

026


今年もやってきました「るり渓」です。


今年は通過せずにお茶しましょうと言うことで

パン屋さん発見したので寄り道です。


034


029


まるで団長の輪行袋入れのような店です。


033


美味しそうなパンがいっぱい


031


営業妨害の二人です。


シュークリームが非常に美味しかったです。
写真無いけど


ここでもかなりのんびり

そして出発

036


なが~~~い下り基調の道を快走してR372へ!

R372を西に少し行ったところで休憩


039


R372とR173の交差点にあるローソン

もはや定番ですな!


ここは飲み物補給の予定でしたがなんと止まっているアピ氏のGIOSから急に「パッスゥ~~~~」って

まるでパンクしてみたいやな~~って笑ってたら

040


マジでパンクでした。(笑)

アピ氏曰く「僕は走っているときにパンクしたことないねん、今回も走っているときじゃないからまだ記録は続いているわ」と言っておりました。
さすがはアピ氏、パンクの仕方も普通じゃありません。

そんなこんなで出発


すると小雨が・・・

ちょうどのタイミングで042


普段なら絶対寄らない様な店があったので雨宿りがてらに昼食


中に入ると


043


お?なんか思ったより良さげな雰囲気が


で頼んだのが

044


焼肉定食

なんと「ウマい」

期待を裏切ってくれます。


フクちゃんもアピ氏も美味しかったようです。


で飯食って出発


050


篠山の街を抜けて

054


056


山南へ向かうJR沿いの道が下り基調の快走路


055


相変わらず調子がイマイチのフクちゃんも笑顔です。


途中でマイナースポットのつり橋

058


060


アピ氏曰く「僕、高いところはイマイチあかんねん!」とか言いながらこんな揺れる所でも始まるのが駄弁り!
恐るべしおっさん達です。こんな不安定な場所で駄弁りだすとは。


この後山南の役場の中で冷房+ふかふかソファーに浸りながら休憩。モチロン長めですよ!


黒田庄に近づいてきたところで


065


円応教です。お布施で建っていると思うと恐るべし宗教ですね!


この後黒田庄でJRの駅へ行き時刻表を見てみると

あと4分で列車が来ます。

フクちゃんの脚の状態からして急遽ここで終了!

ワタシとフクちゃんはすごい速さで輪行パッキング


なんとアピ氏

066


電車の中でパッキング


アピ氏は何でもエエねん


で明石まで

068


明石で解散!


ですが


お約束の


069


お疲れさん会


チャレンジ200
でしたが結局はのんびりポタでした。

でも楽しく走れたのでです。

そこが大事だからね~~~

| コメント (6) | トラックバック (0)

«ジロ・デ・タカマツ